マリー・ドリュケール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Marie Drucker
Marie Drucker 2010 a.jpg
2010年11月、パリにて
生誕 (1974-12-03) 1974年12月3日(43歳)
フランスの旗 フランス パリ
教育 パリ第1大学(ソルボンヌ)
職業 ジャーナリスト

マリー・ドリュケール(Marie Drucker、1974年12月3日 - )は、フランスジャーナリスト、テレビパーソナリティ英語では「ドラッカー」と発音される。

人物[編集]

フランスの複数のテレビ局の創設者・CEOを務めたユダヤ人有力者ジャン・ドリュケールドイツ系オーストリア人)の娘で、ジャーナリストで、フランスを代表するテレビ司会者のミシェル・ドリュケールの姪。

オーストリア系(ドイツ系)および、ルーマニア系ポーランド系アルジェリア系の血を引いている[1]。 恋愛においては不倫も含めた華麗な男性遍歴で知られ、著名なコメディアンガッド・エルマレを始め、有名作家・人気政治家・大物銀行家・ミシュラン1つ星を持つタレントシェフなど女優並みの派手な私生活で知られる。2015年にフランス国鉄幹部との間に一児を儲けた。

経歴[編集]

2008年8月末からフランス2のウィークエンドニュースにおけるニュースキャスターを務めていたが、2016年にフランス2を退職した。

参照[編集]

  1. ^ Patricia Khenouna (2009年4月23日). “Marie Drucker: “J’ai voulu être digne de mes parents”” (French). Sélection clic. オリジナル2012年9月8日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20120908225903/http://www.selectionclic.com/people-face-a-face-marie-drucker-3829 2010年3月27日閲覧。