マリールイーズ・コレイロ・プレカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マリールイーズ・コレイロ・プレカ
Marie Louise Coleiro Preca
Malta President Marie Louise Coleiro Preca.jpg

任期 2014年4月4日

マルタの旗 マルタ共和国
家族・社会連帯相
任期 2013年3月11日 – 2014年3月29日
首相 ジョゼフ・ムスカット

出生 (1958-12-07) 1958年12月7日(59歳)
Flag of Malta (1943-1964).svg マルタ、オルミ
政党 労働党
配偶者 エドガー・プレカ

マリールイーズ・コレイロ・プレカマルタ語: Marie Louise Coleiro Preca1958年12月7日 - )は、マルタの政治家。2014年4月4日より、同国の第9代大統領を務めている。労働党員で、元国会議員[1]。2013年から2014年には家族・社会連帯相を務めた。

経歴[編集]

オルミに生まれ、マルタ大学で法・人文学(国際研究)の学位と公証人の免許を取得した。

マルタ労働党で全国幹事会員や事務局長補佐、党事務局長(1982年 - 1991年)などを歴任。当時、マルタの政党でこれほどの要職に就いた女性は彼女が初めてであった。また、これらの役職に加えて全国社会主義青年局員、党女性部長、グゼ・エルール・マーチャー財団創設委員、党の週刊機関誌「イル・ヘルシェン」(のち廃刊)の発行人なども務めた。

1998年から2014年まで、マルタの国会議員であった。1998年から国会の社会委員会で委員を務め、野党時代には影の内閣で社会政策相になった。

2008年のアルフレッド・サント党首の辞任を受けて行われた党首選では、当選は叶わなかった。

大統領職[編集]

2014年3月1日、コレイロ・プレカは大統領に指名され、これを受諾した[2]。その後、ジョージ・アベーラの後任として4月4日に大統領としての宣誓を行った。同国史上最年少の55歳、また女性としてはアガサ・バーバラ以来二人目の大統領であった[3]

同年、コレイロ・プレカは大統領社会福祉財団の設立を発表した。大統領が社会的包摂や生活水準の向上に向けた支援を指導する際、この非営利組織が助言を行う[4]

栄典[編集]

  • マルタ国民勲章一等(大統領に対する授与が慣例となっている)

脚注[編集]

  1. ^ “PL motion calls for setting up of permanent committee for family affairs”. Malta Independent. (2011年3月26日). http://www.independent.com.mt/news.asp?newsitemid=122453 2011年4月8日閲覧。 
  2. ^ Marie Louise Coleiro Preca accepts nomination for President”. MaltaToday. 2014年3月1日閲覧。
  3. ^ Coleiro Preca to be named as President within days”. Times of Malta. 2014年3月1日閲覧。
  4. ^ President's Wellbeing Foundation”. Times of Malta. 2014年11月17日閲覧。
公職
先代:
ジョージ・アベーラ
マルタの大統領
2014年 –
現職