マリーエ・シューマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

マリーエ・シューマン(Marie Schumann, 1841年9月1日 - 1929年)は、ロベルト・シューマンクララ・シューマンの長女。

生涯[編集]

1841年9月1日、ザクセン王国ライプツィヒにて生まれる。 

1844年1月、両親がロシアに演奏旅行に出かけるため、妹のエリーゼと共に親戚に預けられる。同年12月にはドレスデンに引っ越した。

1846年11月、両親と妹(エリーゼ)の4人でオーストリアのウィーンなどへ演奏旅行に出発。翌年6月に弟エミールが生後6カ月出死亡し、1848年1月に2番目の弟ルートヴィヒが生まれ、幸せに暮らしていたが、1849年5月にドレスデンで革命が起き、一家はマクセンに避難した。2か月後に3番目の弟フェルディナントが生まれる。

1850年9月、父ロベルトがデュッセルドルフの市の音楽監督に選ばれたため一家でデュッセルドルフに引っ越す。

1853年頃、作曲家のヨハネス・ブラームスがシューマン家に来るようになる。マリーエとブラームスとの間で、次のエピソードが残されている。

シューマン家におじゃましたと、朝方マリーエの妹オイゲーニエとブラームスがお喋りしているところにマリーエがこう言った。「ブラームスさん、ちゃんと練習しないと演奏会で弾けませんよ。」 こう言われたブラームスはしぶしぶとピアノの練習を始めたという。

マリーエは父ロベルトの死後、母クララとはクララが亡くなるまで一緒に暮らした。

1863年5月、バーデン=バーデンの家にクララと共に引っ越す。

1896年5月20日、クララ死去。翌年にはブラームスも亡くなり、マリーエはブラームスの葬儀に参列している。

マリーエはクララの死後、スイスに移り住み、そこで死去した。