マリヌス・ファン・レイメルスワーレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マリヌス・ファン・レイメルスワーレ
Marinus Claesz. van Reymerswaele 005.jpg
マリヌス・ファン・レイメルスワーレ画
『収税人たち』
ナショナル・ギャラリー (ロンドン)
生誕 1490年頃
ゼーラント州レイメルスワーレ
死没 1546年頃

マリヌス・ファン・レイメルスワーレ(Marinus Claeszoon van Reymerswaele, 1490年頃 - 1546年頃) は、オランダ画家

生涯[編集]

マリヌス・ファン・レイメルスワーレの生涯に関して詳しいことは伝わっていない。ゼーラント州のレイメルスワーレ出身で、父親も画家だったようである。アントワープで修業し、1533年から1545年までゼーラントで活動していた。

ファン・レイメルスワーレの作品は署名されたものが少数残っている。彼の作品はクエンティン・マサイスアルブレヒト・デューラーの影響を強く受けており、3つの題材「両替商(もしくは銀行家)とその妻」「収税人」「書斎の聖ヒエロニムス」を描いたものがほとんどである。収税人を描いた作品は30程が現存する。その他にも収税人を描いた多くの作品がファン・レイメルスワーレにものとされてきたが、現在では違っていたことが分かっている。収税人は17世紀当時に人気のある題材で、彼の作品も多くの複写が制作された。

ギャラリー[編集]