マリア宮殿 (キエフ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マリア宮殿

マリア宮殿(マリアきゅうでん、ウクライナ語: Маріїнський палац マリイーンシキー・パラーツ)は、ウクライナの首都キエフにある宮殿である。ペチェールシク区ウクライナ最高議会の議事堂の隣に位置する。ウクライナ大統領の公邸・迎賓館として利用されている。1744年から1752年までの間にロシア女帝エリザヴェータの命令によってキエフ宮殿として建立された。設計者はイタリア人バルトロメオ・ラストレッリ1870年にロシア皇后マリア・アレクサンドロヴナを記念するために、改名された。国重要文化財。


リンク[編集]

座標: 北緯50度26分54秒 東経30度32分15秒 / 北緯50.44833度 東経30.53750度 / 50.44833; 30.53750