マリア・トドロヴァ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

マリア・トドロヴァ(Maria Nikolaeva Todorova, 1949年 - )は、ブルガリア出身の歴史学者。専門はバルカン近代史。

ソフィア生まれ。ソフィア大学で博士号取得。ソフィア大学助教授・准教授を経て、1988年に渡米。フロリダ大学准教授・教授を経て、2001年からイリノイ大学アーバナ・シャンペーン校歴史学部教授。

著書[編集]

単著[編集]

  • Balkan Family Structure and the European Pattern: Demographic Developments in Ottoman Bulgaria, (American University Press, 1992, 2nd ed., 2006).
  • Imagining the Balkans, (Oxford University Press, 1997, updated ed., 2009).
  • Bones of Contention: the Living Archive of Vasil Levski and the Making of Bulgaria's National Hero, (Central European University Press, 2009).

編著[編集]

  • Balkan Identities: Nation and Memory, (New York University Press, 2004).