マラキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

マラキは、旧約聖書マラキ書を著した、北イスラエル王国預言者

祭司達への裁きの宣告と、民衆に向けての神を恐れる者達に有る報い(マラキ書 3章16節〜18節)、そして予言者エリヤの再来とされる人物の出現(マラキ書 4章5節)とを預言した。この内後者は、新約聖書の中では洗礼者ヨハネのイエス・キリストに対する関係を預言したと解釈されている。

尚、アイルランドの聖職者で、教皇に関する予言を遺したとされる聖マラキは全くの別人である。

関連項目[編集]