ママ友

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ママ友(ママとも)とは友達付き合いの形態の一つ。【付き合いのある子どものママ同士という関係である友達】という意味である。

幼い子供母親であることを共通としてできた、母親同士という形の友達である。主に公園幼稚園保育園などで知り合うことが多い[1]。ママ友の間では様々なトラブルが発生しており、それらがママ友マウンティング、ママ友ピラミッドなどと呼ばれている。ママ友の間でもがどのような職業に就いており、どれだけの収入であるかやどのような家庭環境であるか、などでママ友の間で格差(ママカースト)が発生している。

ママ友の付き合い、「ママ友ランチ」「ママ友お茶会」などが定期的に開催されていて、近況報告などをしあう。

特に中心となる人物は、「ボスママ」と呼ばれ恐れられている。またママ友の間ではトラブルいじめが発生することが多く、それらを防ぐためのマニュアルが多く出回っている[2][3][4]

類似の辞書等に載っていない新語に「イヌ友(イヌを散歩させている途中、公園などで犬を介して知り合う友人)」がある。従来の類語では、たとえば「飲み友」がもともとの人間関係があって飲みに行くのに対して、きっかけが「イヌ」なり「ママ」なりで、それまで未知だった人と人間関係が結ばれて、友人となる点が意味され新語となった。

脚注[編集]