マハーバード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

マハーバードペルシア語: مهاباد‎、Mahabad)は、イラン北西部の西アーザルバーイジャーン州に位置する都市。トルコイラクロシア国境との距離も近く交易都市として繁栄してきた。

概要[編集]

人口は20万人前後で大半はクルド人である。クルド人は独立志向が強く、1946年には短期間であるもののソビエト連邦の後ろ盾でマハーバード共和国を建国。マハーバードが首都になった歴史もあるが、その都度、イラン政府から弾圧に遭ってきた[1]

クルド人は、1970年代自治権の獲得を目指して1978年イラン革命に同調。しかし、新たなホメイニ政権はクルド人政党であるイラン・クルディスタン民主党を非合法化して弾圧した。クルド人側はマハーバードを占拠して対抗したが、イラン政府は軍と革命防衛隊をマハーバードに送り込み、1979年9月上旬には軍とクルド人との間で市街戦が展開された[2]。政府側は戦闘に勝利して市内の支配権を確保したが、その後もクルド側の抵抗は続き、同年10月12日には警察署が襲撃され、署長ら4人が殺害される事件も起きた[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 貫井万里. “クルド人の誇る古都マハーバードへの旅”. OPINION. 2021年10月7日閲覧。
  2. ^ イラン政府軍 ハマバドを制圧 クルド族 徹底抗戦崩さず『朝日新聞』1979年(昭和54年)9月4日朝刊 13版 7面
  3. ^ クルド族ゲリラ、警察を襲撃 『朝日新聞』1979年(昭和54年)10月14日朝刊 13版 7面