マヌエル・プラド・イ・ウガルテチェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マヌエル・プラド・イ・ウガルテチェ
President Don Manuel Prado.JPG
1961年9月、ペルーを訪れる米大統領ジョン・F・ケネディを迎えるプラド・イ・ウガルテチェ
第50、54代ペルー大統領
任期
1956年7月28日 – 1962年7月18日
副大統領 ルイス・ガジョ・ポーラス英語版
カルロス・モレイラ・イ・パス・ソルダーンスペイン語版
前任者 マヌエル・アルトゥロ・オドリーア英語版
後任者 リカルド・ペレス・ゴドイ英語版
任期
1939年12月8日 – 1945年7月28日
副大統領 ラファエル・ラルコ・エレーラスペイン語版
カルロス・ディエゴ・ヒブソンスペイン語版
前任者 オスカル・ライムンド・ベナビデス英語版
後任者 ホセ・ブスタマンテ・イ・リベロ英語版
個人情報
生誕 1889年4月21日
ペルーの旗 ペルーリマ[1]
死没 1967年8月15日(1967-08-15)(78歳)
フランスの旗 フランスパリ
政党 プラディスタ民主運動英語版
配偶者 エンリケタ・ガルランド・イッギンソンスペイン語版
クロリンダ・マラガ・デ・プラドスペイン語版
マリアーノ・イグナシオ・プラド英語版
マリア・マグダレナ・ウガルテチェ・グティエレス・デ・コシオ
専業 銀行家

マヌエル・カルロス・プラド・イ・ウガルテチェスペイン語: Manuel Carlos Prado y Ugarteche1889年4月21日 - 1967年8月15日)は、ペルーの銀行家、政治家。元ペルー大統領マリアーノ・イグナシオ・プラド英語版の息子としてリマで生まれ、第50代(任期:1939年 - 1945年)および第54代(任期:1956年 - 1962年)ペルー大統領を務めた。36歳年上の兄レオンシオ・プラド・グティエレス英語版がいるが、グティエレスはウガルテチェが生まれる6年前の1883年に太平洋戦争ウアマチュコの戦い英語版で戦死した。

生涯[編集]

プラド・イ・ウガルテチェは青年軍人として1914年にペルー大統領ギジェルモ・ビジングルスト英語版を失脚させたクーデターで大きな役割を果たした。1934年にはペルー中央準備銀行総裁に就任した。

1939年、保守派でありながら左派政党アメリカ革命人民同盟(APRA)の助力を借りてペルー大統領に当選した。プラドは「就任したら、最初にやることは政治恩赦を宣言して政党の追放に終わりを告げることです」と宣言した。1941年にはエクアドルとの国境紛争英語版でペルーに有利な結果をもたらした[1]

2度目の大統領期(1956年 - 1962年)において、大規模な弾圧を受けた政党はAPRAだけであったが、APRAは先代大統領マヌエル・アルトゥロ・オドリーア英語版によって1948年に違法を宣言されていた。プラドは新しく選出された議会にAPRAの合法化法案を提出すると宣言、法案は議会を無事通過してAPRAの結党者の1人であるビクトル・ラウル・アヤ・デ・ラ・トーレ英語版が追放先から帰国した。

外交政策では米国を支持しており、第二次世界大戦中の1942年には南米ではじめて枢軸国との外交関係を断絶した。また、日系ペルー人を米国に追放することを強く支持したが、一部の歴史家は民族浄化が本当の目的であると指摘した[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典. “プラド・イ・ウガルテチェ” (日本語). コトバンク. 2019年4月14日閲覧。
  2. ^ Varner, Natasha (2019-01-13). “The plight of Japanese Peruvians in America” (英語). The Week英語版 (The Week Publications, Inc.). https://theweek.com/articles/800984/plight-japanese-peruvians-america. 
公職
先代:
オスカル・ライムンド・ベナビデス英語版
ペルー大統領
1939年 - 1945年
次代:
ホセ・ブスタマンテ・イ・リベロ英語版
先代:
マヌエル・アルトゥロ・オドリーア英語版
ペルー大統領
1956年 - 1962年
次代:
リカルド・ペレス・ゴドイ英語版