マテヤ・ヤーマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マテヤ・ヤーマ
Matija Jama
Matija Jama 1930s.jpg
生誕1872年1月4日
スロベニア,リュブリャナ
死没1947年4月6日
スロベニア,リュブリャナ
運動・動向印象派

マテヤ・ヤーマ(Matija Jama、1872年1月4日 - 1947年4月6日)はスロベニア印象派の画家である。

略歴[編集]

リュブリャナで生まれた。その後、家族とザグレブに移り、高校を出た後、法学を学ぶが、1890年に画家になるためにミュンヘンに留学し、スロベニア出身の画家、アントン・アズベの画塾で学び、2年後、リュブリャナに戻った。リュブリャナで絵を描き、スロベニアの雑誌「Dom in svet」の挿絵を描いた。

地元の人々の支援で1897年に再び、ミュンヘンに留学し、アズベの画塾で学び、ミュンヘン美術院に入学した。美術院は卒業はしなかった。1902年にオランダ人の画家、Luizo van Radersと結婚した。その後ヨーロッパ各地で暮らした。

後半生はスロベニアの印象派の画家リハルド・ヤコピッチとともに活動した。油絵の他に水彩画も描いた。

作品[編集]

参考文献[編集]