マッテオ・マルティーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マッテオ・マルティーノ
Matteo Martino
Volleyball (indoor) pictogram.svg
Matteo Martino.jpg
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1987-01-28) 1987年1月28日(32歳)
出身地 アレッサンドリア
ラテン文字 Matteo Martino
身長 197cm
体重 84kg
選手情報
所属 イタリアの旗 ルーベ・マチェラータ
ポジション WS
利き手
スパイク 340cm
ブロック 322cm
テンプレートを表示

マッテオ・マルティーノ(Matteo Martino, 1987年1月28日 - )は、イタリアの男子バレーボール選手。アレッサンドリア出身。ポジションはウイングスパイカーイタリア代表

来歴[編集]

父ピエル・パオロ・マルティーノは1980年代にセリエAアスティでプレーした元バレーボール選手[1]。地元ピエモンテのユースチームを経て、2005年にクーネオへ入団。同年11月17日にフィレンツェで行われたオールスター戦で代表デビューを飾った[1]。2004年ユース欧州選手権、2006年ジュニア欧州選手権で3位入賞を経験、2007年ジュニア世界選手権ではベストスコアラー、ベストスパイカー、ベストレシーバーの3賞を受賞した[2]

2008年、日本で開催された北京オリンピック世界最終予選に出場。ベテランが再招集されたイタリア代表の中で最年少の21歳で2008年北京オリンピックに出場した。同年ミラノの廃部によりマチェラータへ移籍し、2009年にコッパ・イタリア優勝を飾った。

球歴[編集]

所属クラブ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b セリエAの選手プロフィールより参照
  2. ^ Brazil beats Russia to claim 2007 Men's Junior World Championship”. FIVB (2007年7月15日). 2010年9月20日閲覧。

外部リンク[編集]