マス大山カラテスクール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

マス大山カラテスクール (ますおおやまからてすくーる) は、大山倍達梶原一騎らが主催していた空手通信教育学校。1972年創設。

概要[編集]

少年マガジンの連載漫画「空手バカ一代」の人気に合わせて、極真空手の普及を目指す大山のアイデアによって設立された。スクール事務局と実技道場は梶原プロダクション内に置かれ、校長は大山、技術部長を梶原の実弟である真樹日佐夫が務め、テキストの演武者には、今や一大流派をなしそれぞれ館長として独自に活躍する大御所が名を連ねていた。当時のテキストは2004年5月にDVD付き書籍として復刻されている。

実技道場では山崎照朝師範代鈴木浩平が指導員を務めた[1][2]

脚注[編集]

  1. ^ ゴング格闘技』、日本スポーツ出版社1996年3月8日、 52 - 55頁。
  2. ^ 真樹日佐夫 『極真カラテ二七人の侍 「地上最強の格闘技」を支えた男たちの伝説』 サンケイ出版1986年、202 - 209頁。ISBN 9784383025065