マイケル・マン (社会学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マイケル・マン(Michael Mann, 1942年 - )は、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)社会学部教授。専門は、歴史社会学。

イギリスマンチェスター生まれ。1971年オックスフォード大学社会学の博士号を取得。エセックス大学講師、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス講師を務める。

1987年、アメリカ合衆国に移住し、現職のカリフォルニア大学ロサンゼルス校の社会学部教授を務める。

著書[編集]

単著[編集]

  • Workers on the Move: the Sociology of Relocation, (Cambridge University Press, 1973).
  • Consciousness and Action among the Western Working Class, (Macmillan, 1973).
  • The Sources of Social Power vol. 1: A History of Power from the Beginning to A. D. 1760, (Cambridge University Press, 1986).
森本醇君塚直隆訳『ソーシャル・パワー――社会的な<力>の世界歴史(1)先史からヨーロッパ文明の形成へ』(NTT出版, 2002年)
  • States, War and Capitalism: Studies in Political Sociology, (Blackwell, 1988).
  • The Sources of Social Power vol. 2: the Rise of Classes and Nation-States, 1760-1914, (Cambridge University Press, 1993).
森本醇・君塚直隆訳『ソーシャル・パワー――社会的な<力>の世界歴史(2)階層と国民国家の「長い19世紀」(上・下)』(NTT出版, 2005年)
  • Incoherent Empire, (Verso, 2003).
岡本至訳『論理なき帝国』(NTT出版, 2004年)
  • Fascists, (Cambridge University Press, 2004).
  • The Dark Side of Democracy: Explaining Ethnic Cleansing, (Cambridge University Press, 2004).
  • The Sources of Social Power vol. 3: Global empires and revolution, 1890-1945, Cambridge University Press, 2012.
  • The Sources of Social Power vol. 4: Globalizations, 1945-2011, Cambridge University Press, 2013.

共著[編集]

  • The Working Class in the Labour Market, with R. M. Blackburn, (Macmillan, 1979).

編著[編集]

  • The Macmillan Student Encyclopedia of Sociology, (Macmillan, 1983).
  • The Rise and Decline of the Nation State, (Blackwell, 1990).

共編著[編集]

  • Gender and Stratification, co-edited with Rosemary Crompton, (Polity Press, 1986).
  • Europe and the Rise of Capitalism, co-edited with Jean Baechler and John A. Hall, (Blackwell, 1987).