マイアミゾンビ事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

マイアミゾンビ事件(マイアミゾンビじけん)は2012年5月26日フロリダ州マイアミマッカーサー・コーズウェイ英語版で発生した[1]猟奇的傷害事件[2]。英語では「Causeway Cannibal」(コーズウェイの食人鬼)、「Miami Zombie」(マイアミゾンビ)と呼ばれている[3]

概要[編集]

事件は2012年5月26日フロリダ州マイアミマッカーサー・コーズウェイ英語版[1]、マイアミとマイアミビーチをつなぐフリーウェイの脇道で発生した[2]。加害者は全裸で被害者の顔に噛み付き、駆け付けた警官が数発発砲しても被害者から離れなかったため射殺された[2]。被害者は左目、鼻、顔の皮膚の大半を失う重傷を負ったものの、一命を取り留めた[1]。現場付近にあった防犯カメラが18分に及ぶ犯行の一部始終を撮影しており、事件後にインターネットでその犯行映像が拡散した[2]

事件の原因[編集]

加害者は危険ドラッグバスソルト英語版を摂取していたと報道された[2]。バスソルトはメフェドロン英語版[注釈 1]が主成分であり、米国では急速に流行したためアメリカ国立衛生研究所が注意喚起を行ったという[4]。だが、バスソルトが原因だとする説は後に否定された。事件から約1カ月後の6月27日にマイアミ・デイドの検死官が公開した検査結果ではマリファナが検出されたのみであり、バスソルトや他のストリートドラッグ、アルコール、処方薬、ドラッグに使用される混ぜ物は検出されなかった[5]。だが、この時には既に1人の警官の憶測だけを根拠に「加害者はドラッグの摂取により犯行に及んだ」とする報道が広まっていた[3][注釈 2]。事件から2年経過した2014年時点でも原因は判明していない[1]

意見[編集]

雑誌『リーズン英語版』の編集長ジェイコブ・サラム英語版はこの事件が「Shoddy Drug Journalism」、つまりドラッグが事件の原因だという誤報に対する教訓になったと見解を述べた[3]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 日本では指定薬物。『産経新聞』の記事では、中枢神経を刺激し摂取すると攻撃的になると報じている[4]
  2. ^ 実際、2016年11月の『産経新聞』の記事[2]では「男が「バスソルト」と呼ばれる危険ドラッグを使用していたと伝えられている。」と書かれているのみでその後に否定されたことは記載されていない。

出典[編集]