マイアミゾンビ事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

マイアミゾンビ事件(マイアミゾンビじけん、米:Miami zombie、Miami cannibal attackとも)とは、2012年5月26日フロリダ州マイアミマッカーサーコーズウェイ英語版で発生した猟奇的傷害事件。

概要[編集]

マイアミからマイアミビーチへ向かうハイウェイの途中にて、ルディ・ユージーンという青年が、浮浪者のロナルド・ポッポを襲う事件が発生。全裸の加害者が被害者の顔面を食すという猟奇的な状況だったため、駆けつけたマイアミ警察の警官によってユージーンはその場で射殺された。

後に、付近の防犯カメラで撮影された、ユージーンがポッポの左目を含む顔の大部分を食してゆく[1]様子が収められた18分間の動画が公開され、ユージーンはマイアミゾンビMiami zombie)またはコーズウェイの食人鬼Causeway Cannibal)と呼ばれて全米を震撼させた[2]

猟奇的事件を起こしたのは合法ドラッグの一種であるバスソルトbath salts)である。マスコミ各社はマリファナを使用していたと報道していたが後に、識別が難しいバスソルトであるとの検査結果が出ており、ほとんどのメディアは誤報を訂正していない。襲われたポッポは激しく顔面を損傷し視力は失ったものの、その後に保護され無事である。

脚注[編集]