ポール・ドコービル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ポール・ドコービル(Paul Decauville、1846年 - 1922年)はフランスの技術者・実業家である。エヴリー市長、セーヌ=エ=オワーズ選出の元老院議員も務めた。

ドコービルは彼の名前を冠した鉄道システム(ドコービル 600)の発明者であり、ドコービル式ナローゲージ鉄道は世界に広く売られた。ポール・ドコービルの工場があったコベイユとエヴリーにはポール・ドコービルの名を冠した町がある。

ドコービルは生涯にいくつかの会社を興し、圧縮空気を利用した機器の会社は1980年代後半まで存続し、油圧プレス機の会社は現存する。

ポール・ドコービルはエヴリー市の市長を1881年から1892年まで、1890年から1900年までセーヌ=エ=オワーズ選出の元老院議員を、1897年から1899年まで関税評議会の委員を務めた。パリを去った後、サン=レジェールの町長を務めている。