ポートランドの建築

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
コイン・センター。SW 3rd沿いに建っている。

ポートランドの建築では、アメリカ合衆国オレゴン州ポートランド建築について述べる。ポートランドには有名な建築物が数多く存在するが、その様式は多様である。また、数は少ないが開拓的な著名建築家も存在する。

ポートランドでのプロジェクトは比較的小規模なものが多い。これは、ポートランド中心街における1ブロックの面積がやや小さいこと(200フィートx200フィート)と、ポートランドのウェストヒルズから眺めるフッド山の景観を守るために、ビルの高さ規制を行っていることが理由として挙げられる。この規制によりポートランドでは大規模なプロジェクトが行われにくくなっているが、結果的にポートランドは「思いやりのある都市計画」と「住みやすさ」で名声を博すに至った。

古い建築物には、保存のうえ再利用されているものが多い。建築様式ではグレイズド・テラ・コッタが多く見られる。

ポートランドは持続可能な建築の先進的都市であり、市内にはLEED(Leadership in Energy and Environmental Design)によって承認された「グリーン」な建築物が多い。また、ポートランドは都市計画に優れた都市としても名高い。

建築家[編集]

代表的な建築家にピエトロ・ベルーシがいる。彼は当初A.E.ドイルの建築事務所に勤務し、ポートランドで建築家として活躍し、1980年代までにポートランドで多くの作品を残した。他にポートランドの建築に貢献した建築家・建築事務所としては、スキッドモア・オーウィングズ・アンド・メリルマイケル・グレイヴスキャス・ギルバートラップ・アンド・ラップダニエル・バーナムコーン・ペダーセン・フォックスフランク・ロイド・ライトリチャード・ノイトラジマー・ガンサル・フラスカ・パートナーシップブラッド・クロープフィルが有名である。

ポートランドの建築界に大きな影響を及ぼした地元の建築家では、フランシス・マリオン・ストークスとその父ウィリアム・R・ストークスが、1882年から1960年代までにかけて、2人で270を超える建築物を残した。また、ヴィクトリア様式を得意としたウォーレン・H・ウィリアムズはキャストアイロン建築であるブレーゲン・ブロックや、スティックゴシックのスタイルで建てられたオールド・チャーチなどを残し、その一部は現存している。ウィッデン・アンド・ルイスはポートランド市庁舎の建築家として有名で、ポートランド・ホテル(現存せず)、ウェインハード・ブルワリー・コンプレックス、フェイリング・オフィス・ビルディング、SWサード・アベニューにある数点のオフィスビルの他、多くの住宅建築を残した。

高層建築物[編集]

2008年現在、ポートランドにある高層建築物は以下の通りである。

マーク・O・ハットフィールド合衆国裁判所
  1. ウェルズ・ファーゴ・センター (546 ft./166 m., 1972年完成)
  2. USバンコープ・タワー (536 ft./163 m., 1983年完成)
  3. コイン・センター (509 ft./155 m., 1984年完成)
  4. パックウェスト・センター (418 ft./127 m., 1984年完成)
  5. フォックス・タワー (376 ft., 2000年完成)
  6. スタンダード・インシュランス・センター (112 m., 1971年完成)
  7. ジョン・ロス・タワー (325 ft./99m., 2007年完成)
  8. ジ・アーディア (325 Feet, 2008年完成)
  9. コングレス・センター (98 m., 1980年完成)
  10. マーク・O・ハットフィールド合衆国裁判所 (318 ft/97 m., 1997年完成)
  11. ODSタワー (94 m., 1999年完成)
  12. 1000ブロードウェイ (288 ft./88 m., 1991年完成)

以下は建設中

その他の有名な建築物[編集]

ベンソン・ホテル

橋梁[編集]

ウィラメット川に架かるスティール橋

ポートランドには多くの橋梁が存在する。

ウィラメット川[編集]

コロンビア川[編集]

その他[編集]

外部リンク[編集]