スウォンド空軍基地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ポロニア国際空港から転送)
移動: 案内検索
スウォンド空軍基地
Pangkalan Udara Soewondo
IATA:MES-ICAO:WIMK
概要
国・地域 インドネシアの旗 インドネシア
所在地 北スマトラ州メダン
種類 軍用
運営者 インドネシア空軍
標高 35 m (114 ft)
座標 北緯03度33分29.00秒 東経98度40分18.20秒 / 北緯3.5580556度 東経98.6717222度 / 3.5580556; 98.6717222座標: 北緯03度33分29.00秒 東経98度40分18.20秒 / 北緯3.5580556度 東経98.6717222度 / 3.5580556; 98.6717222
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
05/23 YES 2,900×45 舗装
リスト
空港の一覧

スウォンド空軍基地インドネシア語: Pangkalan Udara Soewondo)は、インドネシア北スマトラ州メダンに位置するインドネシア空軍基地である。

2013年7月24日まで民間定期便が就航しており、ポロニア国際空港インドネシア語: Bandar Udara Internasional Polonia英語: Polonia International Airport)と呼ばれていた。ガルーダ・インドネシア航空の6ヶ所ある本拠地の1ヶ所であった。

2013年7月25日にクアラナム国際空港が開業し、ポロニア国際空港に就航していた民間定期便はすべて新空港に移行した。

歴史[編集]

  • 1928年 開港
  • 2013年7月24日 民間機の運航終了

事故[編集]

  • 1979年7月11日、ガルーダ・インドネシア航空のフォッカー F28がメダン=ポロニア空港へ着陸進入中にシバヤク山に墜落し、乗客乗員61人が全員死亡した[1]
  • 1987年4月4日、ガルーダ・インドネシア航空035便が悪天候下でメダン=ポロニア空港へ着陸進入中、送電線に接触し滑走路手前に墜落した。この事故で乗客乗員45人のうち22人が死亡した[2]
  • 1988年6月18日、メルパチ・ヌサンタラ航空ビッカース バイカウント(機体記号PK-MVG)が油圧系統の故障により滑走路を飛び出し大破した[3]
  • 1997年、ガルーダ・インドネシア航空152便(機材:エアバス A300)がメダン=ポロニア空港の18マイル手前にあった森林地帯に墜落し、乗客乗員234人全員が死亡した。この事故はインドネシア史上最悪の航空事故である。
  • 2005年9月5日、マンダラ航空091便がポロニアを離陸直後に墜落し、乗客乗員120人のうち100人と地上の49人が死亡した[4]
  • 2015年6月30日、インドネシア空軍のC-130輸送機が離陸直後に墜落した。乗員12人、乗客109人のほか、地上の9人が事故に巻き込まれて死亡した。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Accident description”. Aviation Safety Network. 2010年8月3日閲覧。
  2. ^ Accident description”. Aviation Safety Network. 2015年7月4日閲覧。
  3. ^ Accident description”. Aviation Safety Network. 2009年10月8日閲覧。
  4. ^ Accident description”. Aviation Safety Network. 2015年7月4日閲覧。

外部リンク[編集]