ポホヨイスエスプラナーディ通り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ポホヨイスエスプラナーディ通り
Pohjoisesplanadi
Pohjoisesplanadi.jpg
ポホヨイスエスプラナーディ通り
所在地

ヘルシンキ

ポホヨイスエスプラナーディ通りの位置(ヘルシンキ内)
ポホヨイスエスプラナーディ通り
ポホヨイスエスプラナーディ通り
ポホヨイスエスプラナーディ通り (ヘルシンキ)
ポホヨイスエスプラナーディ通りの位置(フィンランド内)
ポホヨイスエスプラナーディ通り
ポホヨイスエスプラナーディ通り
ポホヨイスエスプラナーディ通り (フィンランド)
座標 北緯60度10分4.3秒 東経24度56分58.1秒 / 北緯60.167861度 東経24.949472度 / 60.167861; 24.949472座標: 北緯60度10分4.3秒 東経24度56分58.1秒 / 北緯60.167861度 東経24.949472度 / 60.167861; 24.949472

ポホヨイスエスプラナーディ通り(ポホヨイスエスプラナーディどおり、フィンランド語: Pohjoisesplanadi, : north Esplanade)は、フィンランドにある通りである[1][2][3][4]北エスプラナーディ通りとも[5]

概要[編集]

通りの東端付近

通りは、ヘルシンキの中心部に位置し、およそ1キロメートルの長さをもつ[6]。北隣の通りは、アレクサンテリン通りであり、南隣の通りは、エテラエスプラナーディ通り (fi:Eteläesplanadi) である[7]。通りの西端は、マンネルヘイム通り (fi:Mannerheimintie (Helsinki)) と交差する地点であり[8]、東は Katajanokan kanava の付近まで伸びている[9]

通りの西側半分のほとんどは、エスプラナーディ公園 (en:Esplanadi) の北端に接している[7]。通りの東端付近は、マーケット広場(カウッパトリ、en:Market Square, Helsinki)の北端に接している[6][10][7]。ポホヨイスエスプラナーディ通りとエテラエスプラナーディ通りは、合わせてエスプラナーディ通りと呼ばれている[11][7]。19世紀の後半にエスプラナーディ通りに様々な種類の建築物が建てられ、ヘルシンキは近代化していった [12]

施設[編集]

1番地には、大統領官邸 (en:Presidential Palace, Helsinki) がある[4]。3番地には、最高裁判所 (en:Supreme Court of Finland) がある[13]。11 - 13番地には、市庁舎 (en:Helsinki City Hall) がある[14]。19番地には、ヘルシンキ観光局 (Helsinki Tourist Information) がある[15][1]。23番地には、イッタラがある[16][17]。25番地には Ril's Concept Store がある[18]。25 - 27番地には、カレヴァラ・コル (fi:Kalevala Koru) がある[17]

27番地には、アーリッカ (fi:Aarikka) がある[19]。29番地には、1887年創業のホテル、カンプ (en:Hotel Kämp) がある[20]。33番地には、マリメッコがある[21]。35番地には、ルイ・ヴィトンがある[22]。37番地には、カフェ・エスプラナード (Café Esplanad) がある[23][24]。39番地には、アカデミア書店がある[25]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『地球の歩き方 北欧』 2017, p. 443.
  2. ^ Some spare hours in Helsinki”. Hanken Svenska handelshögskolan. 2020年1月5日閲覧。
  3. ^ 秋色に輝く北欧の街 ヘルシンキ/ フィンランド”. 日本放送協会. 2020年1月5日閲覧。
  4. ^ a b ヘルシンキ-ビジターズ・ガイド2014”. Helsinki Marketing. 2016年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月5日閲覧。
  5. ^ エンソ=グッツァイト株式会社の本社ビル”. Alvar Aalto Foundation. 2020年1月5日閲覧。
  6. ^ a b Pohjoisesplanadi Shopping Street”. Visitnordic. 2020年1月5日閲覧。
  7. ^ a b c d 『地球の歩き方 北欧』 2017, p. 435.
  8. ^ Helsinki Highlights Official Visitor Map”. Helsinki Marketing. 2020年1月5日閲覧。
  9. ^ Kauppatori”. ヘルシンキ市. 2020年1月5日閲覧。
  10. ^ 友達と楽しむヘルシンキの週末”. フィンランド政府観光局. 2020年1月5日閲覧。
  11. ^ トーベ・ヤンソンのヘルシンキ”. フィンランド政府観光局. 2020年1月5日閲覧。
  12. ^ Helsinki. Stolica królewska, cesarska czy tylko fińskiej republiki?”. Ministerstwo Spraw Zagranicznych. 2020年1月5日閲覧。
  13. ^ Contact information”. Korkein oikeus. 2020年1月5日閲覧。
  14. ^ Helsinki City Hall”. ヘルシンキ市. 2020年1月5日閲覧。
  15. ^ New Urban Nature map brochure”. ヘルシンキ市. 2020年1月5日閲覧。
  16. ^ Iittala Store Esplanadi”. ヘルシンキ市. 2020年1月5日閲覧。
  17. ^ a b 『地球の歩き方 北欧』 2017, p. 485.
  18. ^ Ril's Concept Store”. Helsinki Marketing. 2020年1月5日閲覧。
  19. ^ 『地球の歩き方 北欧』 2017, p. 486.
  20. ^ 『地球の歩き方 北欧』 2017, p. 470.
  21. ^ Finland’s largest city steps into the spotlight as the World Design Capital for 2012.”. 英国放送協会 (2011年6月23日). 2020年1月5日閲覧。
  22. ^ Louis Vuitton Helsinki”. ヘルシンキ市. 2020年1月5日閲覧。
  23. ^ Café Esplanad”. Helsinki Marketing. 2020年1月5日閲覧。
  24. ^ @駐日フィンランド大使館 (2012年2月28日). "2012年2月28日のツイート" (ツイート). Twitterより2020年1月5日閲覧
  25. ^ 『地球の歩き方 北欧』 2017, p. 488.

参考文献[編集]

  • 「地球の歩き方」編集室(編集)『地球の歩き方 北欧 2017〜2018年版』ダイヤモンド・ビッグ社、2017年6月。ISBN 978-4-478-06052-0

外部リンク[編集]