ボールトンポール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ボールトンポールBoulton Paul Aircraft Ltd)は1914年から1961年の間活動したイギリスの航空機メーカーである。前身は1797年に創立した工具メーカーで1915年から航空機の組立を始めた。1797年ノリッチに工場を構えた。

第一次世界大戦中はソッピース キャメル、RAF FE2b、第二次世界大戦中はフェアリー バラクーダ、戦後はデ・ハビランド バンパイアなど主に他社の設計した航空機を生産していたが、動力旋回銃座のみをもち、固定機銃をもたない珍しい戦闘機ボールトンポール デファイアントを製作したことで有名なメーカーである。しかし、ボールトンポール デファイアントは動力旋回銃座の重量増によって戦闘機としては使い物にならなかった。

尚、ブラックバーン社が急降下爆撃機ブラックバーン スクア(スキュア)の生産に追われていて余力が無い為に、デファイアントの類似品的機体であるブラックバーン社の艦上戦闘機ブラックバーン ロックの生産をボールトンポール社が肩代わりしていた。ロックの生産機数は136機であり、全てボールトンポール社が生産した。この生産の際、工場にはデファイアント用とロック用の2種の異なる旋回銃座が並ぶこととなり生産効率に支障をきたしていたという。なお、ロックもデファイアントと同様、戦闘機としては使い物にならなかった。

1961年にダウティ・グループに買収されて、ダウティ・エアロスペース (Dowty Aerospace) になった。1992年、ダウティ・エアロスペースがTI グループに買収され、2000年にはTI グループがスミス・インダストリーズ (Smiths Industries) と合併し、ボールトンポールの工場はスミス・エアロスペースの傘下に入った。しかし、2007年にはスミス・エアロスペースがGE・アビエーションに買収された。

関連項目[編集]