ボアズ=バック多項式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

数学において、ボアズ=バック多項式(ボアズ=バックたこうしき、: Boas-Buck polynomials)とは、次の形式の母関数により与えられる多項式列 Φ(r)
n
(x) のことを言う。

.

r=1 の場合は一般化アペル多項式としばしば呼ばれ、これは Boas and Buck (1958) により研究された。

参考文献[編集]

  • Boas, Ralph P.; Buck, R. Creighton (1958), Polynomial expansions of analytic functions, Ergebnisse der Mathematik und ihrer Grenzgebiete. Neue Folge., 19, Berlin, New York: Springer-Verlag, MR0094466, http://books.google.com/books?id=eihMuwkh4DsC