ホーステール滝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ホーステール滝
2007-02-16 - Horsetail Fall (Yosemite).jpg
夕日に照らされるホーステール滝
所在地 ヨセミテ国立公園アメリカ合衆国カリフォルニア州
位置 北緯37度43分45秒 西経119度37分43秒 / 北緯37.729124度 西経119.628475度 / 37.729124; -119.628475座標: 北緯37度43分45秒 西経119度37分43秒 / 北緯37.729124度 西経119.628475度 / 37.729124; -119.628475
分類 ホーステイル
高さ 650メートル (2,130 ft)
滝数 2
最大落差 480メートル (1,570 ft)
平均流速 数週間で非常にわずかな流れ

ホーステール滝(Horsetail Fall)は、カリフォルニア州ヨセミテ国立公園にある、冬季から初春にかけてのみ流れるで、巨大な花崗岩の一枚岩で知られるエル・キャピタンの東面から流れ落ちる[1]。水の流れる2月には、気象条件がよければ、夕日によって照らされた滝がオレンジや赤で輝く[2]。この自然現象は、近くの展望地「グレイシャーポイント」で以前に行われていた赤熱した石炭ガラを落とした行事にちなみ、しばしば「ファイアフォール(火の滝)」と呼ばれている。

滝は2本に分かれており、東側がより大きいが、年によっては両方とも小さいこともある。落差はそれぞれ、東側 470メートル、西側 480メートルあり、ヨセミテで最も高い位置から落ちる。水はその後合わさり、急な岩の面を150メートルほど下る。それらも合わせた滝の高さは620メートルから630メートルにおよぶ。

赤く輝くファイアフォールは、2月21日前後の日没という限られた時間に撮影された、ガレノス・ラウエルの写真によって著名なものとなった。エル・キャピタン東方のヨセミテ渓谷から延びる北側道路上の近くの空き地が格好の撮影場所となっている[3]

脚注[編集]

  1. ^ Yosemite National Park Waterfalls”. U.S. National Park Service (2008年12月8日). 2009年1月5日閲覧。
  2. ^ The Natural Firefall”. yosemitefirefall.com. 2013年2月1日閲覧。
  3. ^ How to photograph Horsetail Falls”. California Photo Scout (2009年1月28日). 2009年2月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年2月4日閲覧。