ホワイト・リリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ホワイト・リリーとは、カクテルの1種である。ショートドリンク(ショートカクテル)に分類される。カクテル名は、「白いユリ」という意味。香り付けにアブサンを用いる。古くから飲まれてきたカクテルで、1900年代初頭には存在していたとも言われる [1] 。 ただ、少なくとも1959年よりも前には、存在していたことが確認されている。

標準的なレシピ[編集]

作り方[編集]

ホワイト・キュラソー、ラム、ドライ・ジン、アブサンをシェークして、カクテル・グラス(容量75〜90ml程度)に注げば完成である。

備考[編集]

  • アブサンは香りが強いので、使用量を変えることがある。
    • 使用量を、1dropとするレシピもある[2]
  • ダーク・ラムやヘヴィ・ラムは用いない。
    • ほぼ無色透明に仕上げるため、使用するラムを、ホワイト・ラムに限定するレシピもある[1]
  • ホワイト・キュラソーは、コアントローが指定されることもある。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b オキ・シロー 『カクテル・コレクション』 p.119 ナツメ社 1990年3月24日発行 ISBN 4-8163-0857-1
  2. ^ 片方 善治 『洋酒入門』 p.132 社会思想社 1959年12月15日発行

参考文献[編集]

  • 稲 保幸 『洋酒とカクテル入門』 日東書院 1987年2月10日発行 ISBN 4-528-00361-9
  • オキ・シロー 『カクテル・コレクション』 ナツメ社 1990年3月24日発行 ISBN 4-8163-0857-1
  • 高井 久 監修 『絵でわかるカクテル入門』 日東書院 1989年7月20日発行 ISBN 4-528-00362-7
  • 片方 善治 『洋酒入門』 社会思想社 1959年12月15日発行