ホルフィン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • ウォルフィン[1]
マイルカ科
Baby wolphin by pinhole.jpeg
生後9ヶ月のKawili Kai、2005年9月
保全状況評価
DATA DEFICIENT
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status none DD.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
亜綱 : 獣亜綱 Theria
: 鯨偶蹄目 Cetartiodactyla
亜目 : ハクジラ亜目 Odontoceti
上科 : マイルカ上科 Delphinoidea
: マイルカ科 Delphinidae
: *オキゴンドウ属 Pseudorca
: オキゴンドウ x ハンドウイルカ

ホルフィン(英語:Wholphin)は、オスのオキゴンドウとメスのハンドウイルカを掛け合わせた雑種である[2][3]。分類学上、共にマイルカ科で種として近い[4]

天然では絶滅しているとされるが、捕獲された2頭がハワイ州シーライフパークで飼育されている[2]

確認事例[編集]

野生環境でも生まれているという報告がされている[4]

最初にホルフィンが記録されたのは、東京シーワールドで生まれた雄の例で、200日後に無くなっている[5]

アメリカで最初に確認されたのは、シーライフ・パーク・ハワイで1985年5月15日に生まれた Kekaimalu (ケカイマル。「平和な海」の意[1][5])である。

特徴[編集]

オキゴンドウより小さく、ハンドウイルカより大きい。

生殖[編集]

ホルフィンは、若い年齢で出産した時にのみ繁殖力があることが知られている。シーライフパークのKekaimaluの初めての子供は数週間で死んでしまった。しかし1991年にKekaimaluは、2度目の出産で娘のPohaikealohaを生んだ。2年間子供を育てたが、授乳はしなかった。Pohaikealohaは9歳まで生きた。

2004年12月23日、Kekaimaluは3匹目の子供でバンドウイルカを父親とする娘のKawili Kaiを出産した。この子供には授乳を行い、わずか1カ月後には通常の1歳程度の大きさになった[2]

出典[編集]

  1. ^ a b 【ウォルフィン誕生実話】(シーライフ・パーク・ハワイ)
  2. ^ a b c Sean B. Carroll (2010年9月13日). “Remarkable creatures”. New York Times. http://www.nytimes.com/2010/09/14/science/14creatures.html?src=me&ref=general 2010年9月14日閲覧。 
  3. ^ Whale-dolphin hybrid has baby wholphin”. MSNBC (2005年4月15日). 2009年11月12日閲覧。
  4. ^ a b Whale-dolphin hybrid has baby wholphin”. MSNBC. 2018年8月2日閲覧。
  5. ^ a b West, Karen (1986年5月18日). “A Whale? A Dolphin? Yes, It's A Wholphin”. Chicago Tribune. http://articles.chicagotribune.com/1986-05-18/travel/8602060063_1_wholphin-false-killer-whale-bottlenose 2013年7月9日閲覧。  “Born at Sea Life Park on May 15, 1985, Keikaimalu was dubbed a wholphin by Sea Life Park’s training staff.”

外部リンク[編集]