ホセ・ルイス・ゲリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ホセ・ルイス・ゲリン
José Luis Guerín
José Luis Guerín
生年月日 1960年
出生地 スペインの旗 スペイン カタルーニャ州バルセロナ
職業 映画監督
ジャンル 映画

ホセ・ルイス・ゲリン(José Luis Guerín、1960年 - )は、スペイン映画監督である。

経歴[編集]

1960年、バルセロナに生まれる[1]。15歳の頃、映画を撮り始める[1]。2008年、『シルビアのいる街で』が第21回東京国際映画祭の「World Cinema」部門にて上映される[2]ビクトル・エリセに「現代スペインで最も優れた映画作家」と評価されている[3]

フィルモグラフィー[編集]

長編映画[編集]

  • ベルタのモチーフ Los motivos de Berta (1984年) - 監督・脚本・編集
  • イニスフリー Innisfree (1990年) - 監督・脚本
  • 影の列車 Tren de sombras (1997年) - 監督・脚本
  • 工事中 En construcción (2001年) - 監督・脚本
  • シルビアのいる街で En la ciudad de Sylvia (2007年) - 監督・脚本
  • シルビアのいる街の写真 Unas fotos en la ciudad de Sylvia (2007年) - 監督・脚本
  • ゲスト Guest (2010年) - 監督・脚本・撮影
  • メカス×ゲリン 往復書簡 Correspondencia Jonas Mekas - J.L. Guerin (2011年) - 監督・出演
  • ミューズ・アカデミー La academia de las musas (2015年) - 監督・脚本・編集

短篇映画[編集]

  • 思い出 Souvenir (1986年) - 監督
  • アナへの2通の手紙 Dos cartas a Ana (2011年) - 監督
  • ある朝の思い出 Recuerdos de una mañana (2011年) - 監督・撮影

脚注[編集]

  1. ^ a b スペインの巨匠ヴィクトル・エリセが絶賛したホセ・ルイス・ゲリン監督が来日 広島&鎌倉に”. シネマトゥデイ (2014年4月22日). 2015年5月12日閲覧。
  2. ^ 石橋今日美 (2008年11月13日). “第21回東京国際映画祭レポート vol. 3”. Flowerwild. 2013年9月3日閲覧。
  3. ^ 高木佑介; 結城秀勇; 菅江美津穂 (2010年8月1日). “ホセ・ルイス・ゲリン インタビュー”. Nobody. 2013年9月3日閲覧。

外部リンク[編集]