ホセ・バリビアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ホセ・バリビアン
José Ballivián.jpg
第11代ボリビア大統領
任期
1841年9月27日 – 1847年12月23日
前任者マリアーノ・エンリケ・カルボ英語版
後任者エウセビオ・グイラルテ・ベラ英語版
個人情報
生誕1805年5月5日
スペイン リオ・デ・ラ・プラタ副王領ラパス
死没1852年10月6日(1852-10-06)(47歳)
ブラジル ブラジル帝国リオデジャネイロ
国籍ボリビア人
配偶者メルセデス・コル(Mercedes Coll
宗教カトリック

ホセ・バリビアンスペイン語: José Ballivián1805年5月5日 - 1852年10月6日)は、連邦戦争英語版時期のボリビア人将校で、後に第11代ボリビア大統領に就任した(在任:1841年9月27日 - 1847年12月23日)。

生涯[編集]

1805年、ラパスで(セバスティアン・デ・セグロラスペイン語版を親族に持つ)裕福な家族に生まれた[1]。12歳で従軍[1]、1822年まで王党派だったが、18歳のときにホセ・ミゲル・ガルシア・ランサ英語版の反乱軍に加わった。特に優秀だったわけではなく、ボリビア軍における昇進も特に早かったわけではなかったが、1836年2月のソカバヤの戦いスペイン語版フェリペ・サンティアゴ・サラベリー英語版に勝利したことには大きく貢献した。1830年代にはアンドレス・デ・サンタ・クルスを支持した。ペルー大統領アグスティン・ガマーラ英語版がボリビアへの大規模な侵攻を起こすと、バリビアンはボリビア軍総指揮官として軍部の親ベラスコ英語版派と親サンタ・クルス派を対ペルーで一致させた。1841年11月、バリビアンはインガビの戦い英語版でガマーラに大勝[2]、捕虜になったガマーラを処刑した。このことはボリビアの軍事史における頂点であり、インガビの戦いはボリビアの独立を守ったのと同時にバリビアンを国民的英雄にした。これは四分五裂の状態にあるボリビアにとって長らく欲したものであった。議会はほぼ即座に彼をマリアーノ・エンリケ・カルボ英語版の後任として大統領代行に任命したほどであった。当時フランスに滞在していたサンタ・クルスはバリビアンの人気をみて、バリビアンの大統領就任に同意、自身は帰国しないことにした。

1842年に大統領選挙で当選すると、バリビアンは憲法改正など重要な改革を実施した。彼はサンタ・クルスのように統治し、支持者を喜ばせる努力を怠らなかったため、自身をサンタ・クルスの後継者として位置づけることができた。彼は国内の詳細が不明な地域やフロンティアへの探索や地図作成を命じ、ベニ県を設立しつつ沿岸部のリトラル県英語版への支配を確立しようとした。これによりリトラル県の富がはじめて国内にもたらされたが、軍は反乱を防ぐべく主要都市に配置されたため、リトラル県での軍力が不足した。

マヌエル・イシドロ・ベルス英語版将軍は妻がバリビアンと不倫していると疑ったため2人は政敵になり、ベルスは1845年に郊外に退いて、自分の支持者とともにバリビアンに宣戦布告した。このことはボリビアの社会を二分した。ベルスが人気取りの政策を採用した一方、バリビアンは国内の支配を継続するために強圧的な手段に出たため、ベルスの支持が高まり、バリビアンのそれは失速した。やがて、状況が内戦の様相を呈したため、バリビアンは1847年のクリスマス直前に逃亡した。バリビアン自身が改正した憲法に基づき、国家評議会の議長エウセビオ・グイラルテ・ベラ英語版が後任になった。バリビアンはチリに逃亡した後、ブラジルのリオデジャネイロに移り、そこで余生を過ごした。1852年、リオデジャネイロで死去。遺体はボリビアに送還され、国葬の待遇を受けた。息子のアドルフォ・バリビアン英語版も政治家の道を歩み、1873年にボリビア大統領に就任した。

評価[編集]

バリビアン大統領時期のボリビアは平穏であり、カウディーリョ時代の初期においては最後の安定した時期とされる[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Klein 2011, p. 118.
  2. ^ Klein 2011, p. 117.

参考文献[編集]

  • Klein, Herbert S. (2011) (英語). A Concise History of Bolivia (2nd edition ed.). New York: Cambridge University Press. ISBN 978-1-107-00568-6 
  • Martin, Michael R.; Lovett, Gabriel H. (1968) (英語). Encyclopedia of Latin-American History. Indianapolis 
公職
先代
マリアーノ・エンリケ・カルボ英語版
ボリビアの大統領
1841年 – 1847年
次代
エウセビオ・グイラルテ・ベラ英語版