ペーター・ポスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ペーター・ポスト, 1977
ペーター・ポスト, 1960

ペーター・ポスト(Peter Post、1933年11月12日 - 2011年1月14日[1])は、オランダアムステルダム出身の元自転車競技選手。6日間レースでは一時歴代第1位となる65勝をマークし、「6日間レースの顔」とも言える存在であったが、ロードレースでも活躍し、またチームディレクターとしても名を上げた。

選手時代[編集]

ロードレース[編集]

1960年エネコ・ツアーの前身にあたるロンド・ファン・ネデルラント1962年ドイツ・ツアーで総合優勝を果たした他、オランダ人選手として初めてパリ~ルーベ1964年に制したが、トラックでの走りを熟知しているポストらしく、ルーベの競技場でブノニ・ブエイを最後に競り落としての勝利であった。

6日間レース(トラックレース)[編集]

ロードレースにおける実績も十分一流と呼べるものであるが、やはりポストといえば、6日間レースのほうが特筆すべき実績を残している。初期の頃はリック・ファン・ローイとコンビを組む回数が多く、10勝をマークしているが、後にスイスフリッツ・フェニンゲルとの名コンビで19勝をマーク。1968年ミラノ大会で、リック・バンステーンベルヘンがマークしていた通算40勝を上回る41勝をマークして歴代第1位となった。

その後、後に自身の歴代通算勝利記録を更新する若手のベルギー人パトリック・セルキュとコンビを組み、1971年まで2人のコンビで14勝をマーク。通算65勝を挙げた。同レースにおいて出走回数が100回以上の選手の中で、通算勝率が4割を超えている(155戦65勝。勝率4割1分9厘)のはポストただ一人である。

この他のトラックレースの実績として、オランダ国内選手権の個人追い抜き種目において6回の優勝を果たした他、欧州選手権においては通算14回の優勝を果たしている。1963年オランダ スポーツマンオブザイヤーを受賞した。

65勝の足跡[編集]

勝目 開催地 パートナー
1 1957 シカゴ ハーム・シュミッツ
2 1959 アントウェルペン ヘリット・スヒュルトクラウス・ブクダール
3 1959 ブリュッセル ヘリット・スヒュルト
4 1959 ミュンスター ルシアン・ジエン
5 1960 アントウェルペン ヘリット・スヒュルト
6 1960 ベルリン リック・ファン・ローイ
7 1960 ヘント リック・ファン・ローイ
8 1961 ケルン リック・ファン・ローイ
9 1961 アントウェルペン リック・ファン・ローイ、ウィリー・ファンニッツェン
10 1961 ブリュッセル リック・ファン・ローイ
11 1961 ヘント リック・ファン・ローイ
12 1962 ベルリン リック・ファン・ローイ
13 1962 アントウェルペン リック・ファン・ローイ
14 1962 ドルトムント リック・ファン・ローイ
15 1963 ケルン フリッツ・フェニンゲル
16 1963 ミラノ フェルディナンド・テッルッツィ
17 1963 ブリュッセル フリッツ・フェニンゲル
18 1963 チューリッヒ フリッツ・フェニンゲル
19 1964 ケルン ハンス・ユンケルマン
20 1964 アントウェルペン フリッツ・フェニンゲル、ノエル・フォレ
21 1964 ベルリン フリッツ・フェニンゲル
22 1964 ブリュッセル フリッツ・フェニンゲル
23 1964 チューリッヒ フリッツ・フェニンゲル
24 1965 ベルリン フリッツ・フェニンゲル
25 1965 エッセン リック・バンステーンベルヘン
26 1965 アントウェルペン クラウス・ブクダール、ヤン・ヤンセン
27 1965 ドルトムント フリッツ・フェニンゲル
28 1965 ブリュッセル トム・シンプソン
29 1965 チューリッヒ フリッツ・フェニンゲル
30 1966 エッセン フリッツ・フェニンゲル
31 1966 ミラノ ジャンニ・モッタ
32 1966 アントウェルペン フリッツ・フェニンゲル en ヤン・ヤンセン
33 1966 ヘント フリッツ・フェニンゲル
34 1966 アムステルダム フリッツ・フェニンゲル
35 1967 ブレーメン フリッツ・フェニンゲル
36 1967 エッセン フリッツ・フェニンゲル
37 1967 アントウェルペン フリッツ・フェニンゲル、ヤン・ヤンセン
38 1967 ミラン ジャンニ・モッタ
39 1967 ベルリン クラウス・ブッダール
40 1967 フランクフルト フリッツ・フェニンゲル
41 1968 ミラノ ジャンニ・モッタ
42 1968 ロッテルダム パトリック・セルキュ
43 1968 ロンドン パトリック・セルキュ
44 1968 ベルリン ヴォルフガング・シュルツェ
45 1968 ヘント レオ・デュインダム
46 1969 ブレーメン パトリック・セルキュ
47 1969 アントウェルペン パトリック・セルキュ、リック・ファン・ローイ
48 1969 ロッテルダム ロマン・デローフ
49 1969 ロンドン パトリック・セルキュ
50 1969 ドルトムント パトリック・セルキュ
51 1969 フランクフルト パトリック・セルキュ
52 1969 アムステルダム ロマン・デローフ
53 1970 ケルン パトリック・セルキュ
54 1970 ブレーメン パトリック・セルキュ
55 1970 アントウェルペン レネ・パイネン、クラウス・ブクダール
56 1970 フロニンゲン ヤン・ヤンセン
57 1970 ロンドン パトリック・セルキュ
58 1970 ブリュッセル ジャック・ムリュー
59 1970 チューリッヒ パトリック・セルキュ en エリッヒ・シュパーン
60 1971 ロッテルダム パトリック・セルキュ
61 1971 グルノーブル アレン・ファン・ランケル
62 1971 アントウェルペン レネ・パイネン、レオ・デュインダム
63 1971 ロンドン パトリック・セルキュ
64 1971 ベルリン パトリック・セルキュ
65 1971 フランクフルト パトリック・セルキュ

チームディレクター時代[編集]

1972年に現役を引退したポストは、1974年にTI・ローリーの監督に就任。ハニー・クイパーヘリー・クネットマンヤン・ラースヨープ・ズートメルク(全てオランダ人。また、いずれも世界自転車選手権のプロ・個人ロード優勝経験者)といった名選手たちを指揮した。また1983年にはパナソニックの監督となり、フィル・アンダーソンエリック・バンデレールデンビアチェスラフ・エキモフオラフ・ルードヴィッヒマウリツィオ・フォンドリエストらを指揮。歴代のチームディレクターとして高い評価も与えられている[2]

パナソニックの監督を退任後は一時現場から離れたが、2005年からラボバンクの顧問役として活動していた。

また、1965年のツール・ド・フランスにおいて、ドーピング使用を認めた[3]

2011年1月14日、アムステルダムで死去。77歳没。

脚注[編集]

  1. ^ http://nos.nl/artikel/211655-peter-post-overleden.html
  2. ^ アーカイブされたコピー”. 2008年7月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年8月6日閲覧。
  3. ^ http://geschiedenis.vpro.nl/artikelen/35548104/

外部リンク[編集]