ペーター・シュトゥンプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ペーター・シュトゥンプ
生誕不明
死没1589年10月31日
刑罰死刑
殺人
被害者数 18人
犯行期間
1564年頃–1589年
神聖ローマ帝国
ケルン
逮捕日
1589年

ペーター・シュトゥンプPeter Stumpp、生年不詳 - 1589年10月31日)は、ドイツの農民。狼男魔女術の使用、カニバリズムの告発を受け、「ベートブルクの狼男」と呼ばれた。

彼は12歳の時から黒魔術を行っており、14人の子供と2人の妊婦を殺して食べ、悪魔から与えられたサキュバスと性交したことを自白した。また、娘と近親相姦を行っていたことも告発された[1]

参考文献[編集]

  1. ^ Encyclopedia of Serial Killers ISBN 1-85648-328-2 p. 165