ペル・アスペラ・アド・アストラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ペル・アスペラ・アド・アストラ(またはアド・アストラ・ペル・アスペラ、: Per aspera ad astra)は、「苦難を乗り越えて星々へ」を意味するラテン語の成句。

概略[編集]

per は「~を通じて」という前置詞、aspera は「苦難(複数対格)」、ad は「~へ」という前置詞、astra は「星々(複数対格)」を意味し、栄光ともとれる[1]。英語に直せば through hardship to the stars、日本語に直訳すれば「苦難を通じて星々へ」となる。この「星」は目的地や目標を意味し、数多くの自治体や組織の標語となっている。類似するものに"Per ardua ad astra"(逆境を乗り越えて目的地へ)などがある。

標語として使っている自治体・組織[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 山下, p. 230.
  2. ^ Kansas State Motto | Ad Astra Per Aspera (To the Stars Through Difficulty)”. statesymbolsusa.org. 2021年5月7日閲覧。

参考文献[編集]

  • 山下太郎 『しっかり学ぶ初級ラテン語 文法と練習問題』ベレ出版、2013年。ISBN 9784860643669