ペトル・エベン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ペトル・エベン
Petr Eben
基本情報
出生 1929年1月22日
チェコの旗 チェコ、ジャンベルク
出身地 チェコの旗 チェコ
死没 2007年10月24日(満78歳没)
チェコの旗 チェコ、プラハ
職業 作曲家

ペトル・エベンPetr Eben, 1929年1月22日 - 2007年10月24日)は、チェコ作曲家

生涯[編集]

エベンはボヘミア北東部のジャンベルク(en:Žamberk)の生まれで、青春期は南ボヘミアのチェスキー・クルムロフで過ごした。そこでエベンはピアノを、後にはチェロオルガンを学んだ。ドイツの占領と第二次世界大戦期は苦難の日々だった。エベンはカトリックとして育ったが、父親はユダヤ人で、1943年、エベンは学校から追い出され、戦争の間、ナチによってブーヘンヴァルト強制収容所(en:Buchenwald concentration camp)に抑留された。

戦後、エベンはプラハ音楽アカデミーに入学を許され、そこでフランティシェク・ラウフ(František Rauch)からピアノを、パヴェル・ボシュコヴェツから作曲を学んだ。1955年から、エベンはプラハ・カレル大学で音楽史を教えだした。1978年1979年からはイギリスマンチェスターのロイヤル・ノーザン・カレッジ・オブ・ミュージック(en:Royal Northern College of Music)で作曲法の教授を務めた。1990年には、プラハ芸術アカデミーの作曲法の教授、ならびにプラハの春音楽祭の会長となった。エベンはピアノとオルガンの即興演奏で有名だが、作曲もエベンの関心の主な領域である。

音楽[編集]

エベンは、さまざまなジャンルの音楽を作曲している。エベンの重要な委嘱作品の中には、オラトリオ『Apologia Socratus』、1983年のオランダ音楽祭(en:Holland Festival)のために書かれたバレエ音楽『Kletby a dobroreceni』、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のために書かれた管弦楽作品『Nocni hodiny』と『Prazske nokturno』、Radio Viennaの新しいオルガンに献呈された『オルガン協奏曲第2番』、アヴィニョン演劇祭のために書かれたミサ曲『Missa cum populo』、ザルツブルク大聖堂のために書かれたオラトリオ『Posvatna znameni』、それに教会オペラ『Jeremiah』がある。また、オルガン曲や魅惑的な子供のための歌曲も書いている。

代表作[編集]

  • Missa adventus et quadragesimae(1952年)
  • オルガン協奏曲第1番(1954年)
  • Sunday Music(1957年 - 1959年)オルガン曲
  • カンタータ『Horka hlina』(1959年 - 1960年)
  • ピアノ協奏曲(1960年 - 1961年)
  • Laudes(1964年)オルガン曲
  • Ordinarium missae(1966年)
  • オラトリオ『Apologia Socratus』(1967年)
  • ミサ曲『Truverska mse』(1968年 - 1969年)
  • Vox clamantis(1969年)
  • Ten Preludes on Chorales of the Bohemian Brethren(1971年 - 1973年)オルガン曲
  • カンタータ『Pragensia』(1972年)
  • 交響曲『Nocni hodiny』(1975年)
  • 劇付随音楽『ファウスト』(1976年)
  • 劇付随音楽『ハムレット』(1976年 - 1976年)
  • カンタータ『Pocta Karlu IV』(1978年)
  • Mutationes(1980年)オルガン曲
  • Missa cum populo(1982年)
  • バレエ音楽『Kletby a dobroreceni』(1983年)
  • Hommage à Dietrich Buxtehude(ディートリヒ・ブクステフーデへのオマージュ)(1987年)オルガン曲
  • Job(1987年)オルガン曲
  • A Festive Voluntary: Variations on Good King Wenceslas(1987年)オルガン曲
  • オルガン協奏曲第2番(1988年)
  • Prague Te Deum(1989年)混声合唱、4つの金管楽器、ティンパニとパーカッション(またはオルガン)のための
  • Biblical Dances(1990年 - 1991年)オルガン曲
  • オラトリオ『Posvatna znameni』(1992年 - 1993年)
  • 讃歌『Proprium festivum monasteriense』(1993年)
  • Amen — es werde wahr: Choralphantasie für Orgel(1994年)オルガン曲
  • Momenti d'organo(1994年)オルガン曲
  • Hommage à Henry Purcell(ヘンリー・パーセルへのオマージュ、1994年 - 1995年)オルガン曲
  • オペラ『Jeremiah』(1996年 - 1997年)
  • Campanae gloriosae(1999年)オルガン曲

伝記[編集]

  • K. Vondrovicova, Petr Eben, Prague 1993

外部リンク[編集]