ペカン属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ペカン属
(通称:ヒッコリー)
Carya Morton 29-U-10.jpg
ヒッコリーの一種
分類クロンキスト体系
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : マンサク亜綱 Hamamelidae
: クルミ目 Juglandales
: クルミ科 Juglandaceae
: ペカン属 Carya

ヒッコリー(Hickory)は、クルミ科ペカン属[1]の木の一般名[2](総称)。

本ヒッコリー(Carya tomentosaなど)と、ペカンヒッコリー(C.illinoensisなど)に2区分されることがある[3]

日本列島においては、現生のものは第三紀に繁栄した後、絶滅したといわれる(イチョウメタセコイアスズカケノキヌマミズキなどと同様)[4]

Caryaはギリシャ語でナッツを意味する[5]

[編集]

In the APG system, genus Carya (and the whole Juglandaceae family) has been recently moved to the Fagales order.

アジア
北米
  • Carya sect. Carya – typical hickories
    • Carya floridana Sarg. – Scrub Hickory
    • Carya glabra (Mill.) Sweet – Pignut Hickory, Pignut, Sweet Pignut, Coast Pignut Hickory, Smoothbark Hickory, Swamp Hickory, Broom Hickory
    • Carya myristiciformis (F.Michx.|) Nutt. – Nutmeg Hickory, Swamp Hickory, Bitter Water Hickory
    • Carya ovalis (Wangenh.) Sarg. – Red Hickory, Spicebark Hickory, Sweet Pignut Hickory (treated as a synonym of C. glabra by Flora N. Amer.)
    • Carya ovata (Mill.) K.Koch – Shagbark Hickory
      • Carya ovata var. ovata – Northern Shagbark Hickory
      • Carya ovata var. australis – Southern Shagbark Hickory, Carolina Hickory (syn. C. carolinae-septentrionalis)
    • Carya laciniosa (Mill.) K.Koch – Shellbark Hickory, Shagbark Hickory, Bigleaf Shagbark Hickory, Kingnut, Big Shellbark, Bottom Shellbark, Thick Shellbark, Western Shellbark
    • Carya pallida (Ashe) Engl. & Graebn. – Sand Hickory
    • Carya texana Buckley – Black Hickory
    • Carya tomentosa (Poir.) Nutt. – Mockernut Hickory (syn. C. alba)
    • Carya washingtonensis - Manchester| Extinct Miocene

脚注[編集]

  1. ^ カリア属カリヤ属とも呼ばれることがある。
  2. ^ ヒッコリー - Yahoo!百科事典(日本大百科全書
  3. ^ 「ヒッコリー類」 - 財団法人日本木材総合情報センター
  4. ^ 『植物の世界』 8、96頁(朝日百科)
  5. ^ 世界木材図鑑、産調出版 2006、p.68-69
  6. ^ Subordinate Taxa of Carya Nutt.”. TROPICOS. Missouri Botanical Garden. 2009年10月19日閲覧。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]

ヒッコリーストライプと呼ばれる柄のオーバーオールOshKosh B'Gosh