ベンガル語訳聖書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
最初のベンガル語訳聖書(1804年)
セランポール宣教出版社(セランポール大学神学部構内)

ベンガル語訳聖書(ベンガルごやくせいしょ)では、キリスト教聖書ベンガル語への翻訳を扱う。

ベンガル語はインド・アーリア語派に属する言語で、おもにバングラデシュおよびインド西ベンガル州で話されていて、それらの地の公用語である。表記にはブラーフミー文字から発展したベンガル文字を使う。大部分がイスラム教徒の国・地域で、過去にもアラビア文字を使わなかったのは珍しい。アッサム語とは親しい関係にある。

歴史[編集]

西欧人としては初めて、ナサニアル・ホールヘッド(Nathaniel B. Halhead)がベンガル語文法の本を著したのは1776年で、イギリスの為政者のためであった。1793年、ウイリアム・ケアリーはセランポール(カルカッタの北郊外)で聖書をベンガル語に翻訳して出版し、1801年には改訂版を出した。バングラディッシュで現在使われている文語聖書はこの聖書で[1]、口語訳聖書は新しい訳である。イエズス会ベルギー人神父クリスチアン・ミニョン(Christian Mignon)はこの聖書を改訂して、『Mangalbarta聖書』として細かな注釈を付けて出版した。

翻訳の例[編集]

翻訳書 ヨハネ3:16 (ベンガル語)
The Bible in Bengali[2] কারণ ঈশ্বর এই জগতকে এতোই ভালবাসেন য়ে তিনি তাঁর একমাত্র পুত্রকে দিলেন, য়েন সেই পুত্রের ওপর য়ে কেউ বিশ্বাস করে সে বিনষ্ট না হয় বরং অনন্ত জীবন লাভ করে৷

参照項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]