ベロニカは死ぬことにした (2009年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ベロニカは死ぬことにした
Veronika Decides to Die
監督 エミリー・ヤング
脚本 ロベルタ・ハンレイ
原作 パウロ・コエーリョ
出演者 サラ・ミシェル・ゲラー
音楽 マーレイ・ゴールド
撮影 シェイマス・ティアニー
編集 ウナ・ニ・ドンガイル
公開 フランスの旗 2009年5月16日
ブラジルの旗 2009年8月21日
アメリカ合衆国の旗 2011年
上映時間 103分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

ベロニカは死ぬことにした』(原題:Veronika Decides to Die)は、2009年公開のアメリカ映画パウロ・コエーリョ同名小説の2度目の映画化作品。舞台をニューヨークに移している。

あらすじ[編集]

仕事にも家族にも健康にも恵まれていた女性ベロニカは、「今」が一番幸福であると気づき、薬物の多量摂取による自殺を図る。一命を取り留め、彼女が運ばれたのはある私立病院(サナトリウム)だった。ブレイク院長は、自殺未遂の後遺症で、彼女の余命が極めて短いことを告げる。ベロニカは再び自殺を図ろうとするが、阻止される。やがて、失声症で療養中のエドワードと出会ったことで、死を目前にしたベロニカは、皮肉にも生きる意味を見つめ直すことになる。

キャスト[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]