ベレッタM950

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ベレッタM950
Beretta950JetfireandClip-Shut.jpg
ベレッタ 950 ジェットファイア
ベレッタM950
種類 拳銃
製造国 イタリアの旗 イタリア
設計・製造 ピエトロ・ベレッタ
仕様
口径 .25口径(6.35mm)
銃身長 60mm
使用弾薬 .25ACP弾
装弾数 8+1発
作動方式 ブローバック
全長 120mm
重量 280g
銃口初速 239m/s
歴史 
製造期間 1952年~2003年
テンプレートを表示

ベレッタM950 (Beretta M950) は、イタリア銃器メーカーであるピエトロ・ベレッタ社が開発した小型の自動拳銃である。

ポケットにすっぽり入る大きさで、主に護身用に使われた。

口径は6.35mm×16(.25ACP弾)、装弾数はシングルカラムマガジンによる8+1発である。また、.22LR弾を使用するモデルもあり、こちらの装弾数は7+1発。

特徴[編集]

全長120mmという小型でありながら、ベレッタ社独特のバレル上面が露出するスライド形状は健在。フレームにはアルミ合金が使われており、軽量化が図られている。

チップアップという特殊な形式を採用しており、スライドストップ付近のレバーを回転させると銃身ごとチャンバーが跳ね上がり、チャンバーの残弾を手で抜くことができる仕組みとなっている。またリコイルスプリングの役割は、一般的だがかさばるコイルバネではなく、グリップに内蔵された針金状バネのテンションによって果たしており、単純な構造ながら高い信頼性を誇る。トリガーガードは板バネを成形した単純な形状である。

なお、ベレッタ社は他に小型拳銃として、21ボブキャットや3032トムキャット等のモデルを発売している。両モデルともシングル/ダブルアクションである。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]