ヘンリー・ホルスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ヘンリー・ホルストHenry Holst[1], 1899年7月25日 - 1991年10月15日[2])は、デンマークヴァイオリニスト

コペンハーゲン出身。生地の音楽院でアクセル・ヴィルヘルム・ゲーゼに師事した後、1918年からエミール・テルマニーのもとで研鑽を積んだ。1919年にはベルリンに留学してヴィリー・ヘスの下で学んでいる。 1922年から1931年までベルリン・フィルハーモニー管弦楽団コンサートマスターを務めた後に渡英し、1940年から1941年までロイヤル・リバプール・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスター、1941年から1950年はフィルハーモニア弦楽四重奏団第1ヴァイオリン奏者を務め、王立マンチェスター音楽大学ロンドン王立音楽院の教授を歴任した。1954年には帰国し、デンマーク王立音楽院の教授となった。1961年から1963年まで東京芸術大学の客員教授を務めている。

コペンハーゲンにて没。

脚註[編集]