ヘンリー・ウェインライト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヘンリー・ウェインライト(Henry Wainwright、? - 1875年12月21日)は、イングランドの殺人犯。

概要[編集]

ウェインライトは、ブラシ作り職人だったが、愛人だったハリエット・レーン (Harriet Lane) を1874年9月に殺害し、遺体を自分が所有していた倉庫の地下に埋めた。翌年、破産を宣告されたウェインライトは、1875年9月に遺体を掘り返し、兄弟のトマス (Thomas) とブラシ職人の同僚アルフレッド・ストークス (Alfred Stokes) の手を借りて、埋め直そうとした。

運ぶように依頼された包みの中身を不審に思ったストークスが包みを開いたところ、人体の一部が出てきたので、彼は直ちに警察に通報した。この事件の報道は、後の切り裂きジャックの報道を上回るほどの量が流された[1]

ヘンリーとトマスは、オールド・ベイリー英語版(中央刑事裁判所)で、サーアレクサンダー・コックバーン英語版によって裁かれ[2]、有罪となった。ヘンリーは殺人罪、トマスは事後の隠蔽の幇助の罪に問われた。ヘンリー・ウェインライトは死刑を宣告され、1875年12月21日ウィリアム・マーウッドによって絞首刑で処刑された[3]

脚注[編集]

  1. ^ Wiener (2004) p.144
  2. ^ Renton, A. Wood (1898). “The Judicial Work of Chief Justice Cockburn”. 10 Jurid. Rev. 395. http://heinonline.org/HOL/LandingPage?collection=journals&handle=hein.journals/jure10&div=37&id=&page=. 
  3. ^ Bleackley, Horace (1929). The hangmen of England: how they hanged and whom they hanged : the life story of "Jack Ketch" through two centuries. Taylor & Francis. p. 235. ISBN 0-7158-1184-3 

参考文献[編集]

  • Flanders, Judith (2011). The Invention of Murder: How the Victorians Revelled in Death and Detection and Created Modern Crime. HarperCollins Publishers Limited. pp. 338–343. ISBN 0-00-724888-1 
  • Gray, Drew D. (2010). London's Shadows: The Dark Side of the Victorian City. Continuum International Publishing Group. p. 23. ISBN 1-84725-242-7 
  • Smith, Frederick John; Taylor, Alfred Swaine (1920). Taylor's principles and practice of medical jurisprudence, Volume 1 (7th ed.). Taylor & Francis. p. 218 
  • Wiener, Martin J. (2004). Men of blood: violence, manliness and criminal justice in Victorian England. Cambridge University Press. ISBN 0-521-83198-9