ヘンドリク・アンドリーセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヘンドリク・アンドリーセン (1963)

ヘンドリク・アンドリーセンHendrik Andriessen1892年9月17日 - 1981年4月12日)は、オランダ作曲家オルガン奏者

オルガン即興演奏とオランダのカトリック典礼音楽を一新したことで知られている。作曲技法はフランス音楽の強い影響がみられる。作曲家のユリアーン・アンドリーセンルイ・アンドリーセンの父親である。

ハールレム出身。アムステルダム音楽院ベルナルト・ズヴェールス作曲を、ジャン=バティスト・デ・パウオルガンを師事。ユトレヒト大聖堂のオルガニストとなり、即興演奏で有名になった。1926年から1954年までアムステルダム音楽院で作曲音楽理論を講義した。その間、1930年から1949年までユトレヒトのカトリック教会音楽の研究機関でも教えていた。1937年から1949年までユトレヒト音楽院の院長で、続いて1957年までハーグの王立音楽院の院長を務めた。1952年から1962年までの間は、ナイメーヘンラドバウド大学の員外教授でもあった。

作品には8つのミサ曲テ・デウム、4つの交響曲、管弦楽のための変奏曲、オーケストラ伴奏の歌曲室内楽チェロソナタピアノソナタ、オルガン独奏曲がある。

文献[編集]

  • Anton de Jager, Paul Op de Coul, Leo Samama (red.): Duizend kleuren van muziek. Leven en werk van Hendrik Andriessen. Walburg Pers, Zutphen, 1992. ISBN 90 6011 781 6
  • J.H. Moolenijzer: Hendrik Andriessen tachtig jaar. In vriendschap aangeboden. Gottmer, Haarlem, 1972. 36 p.