ヘルマン・フロアシュテット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヘルマン・フロアシュテット(Hermann Florstedt、1895年2月18日 - 1945年4月15日)は、ナチス・ドイツマイダネク強制収容所の所長だった人物。最終階級は親衛隊大佐

略歴[編集]

ドイツ帝国エルザス=ロートリンゲンのビッチュ(現在のフランスモゼル県ビッシュ英語版)に生まれる。第一次世界大戦では東部戦線へ出征。鉄十字章を受章したが、1917年にロシア軍の捕虜となった。1918年にドイツへの帰国が許された。1931年に国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス党)と突撃隊(SA)に参加(党員番号488.573)するが、すぐに親衛隊(SS)へ移った(隊員番号8.660)。1939年に武装親衛隊に移籍。ヴァイマールに配属されてブーヘンヴァルト強制収容所で勤務するようになった。1940年7月にザクセンハウゼン強制収容所へ移動した。1942年11月から1943年9月にかけてマイダネク強制収容所の所長を務めた。しかし、ブーヘンヴァルト強制収容所所長カール・オットー・コッホの横領罪への関与を疑われて、1943年9月にマルティン・ゴットフリート・ヴァイスと交代させられた。1943年10月に横領罪と無法な囚人殺害を理由にして逮捕された。1945年4月15日にロレーヌで処刑された。彼はイルゼ・コッホと情を通じていたという。

親衛隊階級[編集]