ヘルベルト・フォン・ビスマルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ニコラウス・ハインリヒ・フェルディナント・ヘルベルト・フォン・ビスマルク侯爵Nikolaus Heinrich Ferdinand Herbert Fürst von Bismarck1849年12月28日1904年9月18日)は、ドイツの政治家。

生涯[編集]

1849年帝国宰相オットー・フォン・ビスマルク侯とその妻ヨハンナ・フォン・プットカマーの長男としてベルリンで生まれた。姉にマリー、弟にヴィルヘルムがいる。

1870-71年の普仏戦争には騎兵として参加し、マーズ=ラ=トゥールの戦いで左足に銃創を負った。

1873年、父オットーの勧めでドイツ帝国外務省に入省。はじめオットーの私設秘書となり、後に1882年にロンドン大使館、1884年にはサンクトペテルブルクとデン・ハーグの大使館に赴任した。1885年に外務次官、その翌年には外相となった。1890年にヴィルヘルム2世が帝国宰相の父を解任した二日後には、ヘルベルトも外相を辞任した。1893年帝国党の帝国議会議員に選出された。

1881年エリザベート・ツー・カロラート=ボイテン候との結婚を望んだが、エリザベートがカトリック教徒の離婚経験者で、ヘルベルトより10歳も年上であったことから、オットーは許そうとしなかった。オットーは涙ながらに長子相続権を剥奪すると脅してエリザベートとの結婚を諦めさせた。この苦い経験からアルコール漬けになった。外務省の窓から外に銃を5発撃ったことがあり、その際誰かにあたったかもしれないと言われたヘルベルトは、「役人は常にイライラと不安に苛まれ続けないといけない。それが終わるのは仕事を辞める時だ」と答えた。1892年6月21日、魚雷の開発者として知られるロバート・ホワイトヘッドの孫娘マーガレット・ホヨス伯とウィーンで結婚した。

ボンの学生組合コール・ボルシアCorps Borussia Bonn)のメンバーであった。

1898年7月30日ベッドサイドで父の最期を看取った。

子女[編集]