ヘルズブレイズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヘルズブレイズ
Herðubreið-Iceland-2.jpg
南東から見たヘルズブレイズ
標高 1682 m
所在地 アイスランド北アイスランド東部
スクートゥスターザフレップルアイスランド語版
位置 北緯65度11分0秒 西経16度21分0秒 / 北緯65.18333度 西経16.35000度 / 65.18333; -16.35000
山系 独立峰
種類 卓上火山[1][2]
最新噴火 更新世
ヘルズブレイズの位置(アイスランド内)
ヘルズブレイズ
ヘルズブレイズ (アイスランド)
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

ヘルズブレイズ (アイスランド語: Herðubreið 英語: Herdubreid) は、アイスランドの北東部に位置する標高1682 mの火山

オダザハラウン(Ódáðahraun)と呼ばれる中央高地の中央部の砂漠地帯の中央に位置し、カルデラで知られるアスキャ火山から北東に20 kmほどの位置にある。砂漠地帯は全体的に、トロラディングヤ火山英語版から噴出した溶岩に覆われている。

ヘルズブレイズは、頂上部が平坦で周囲が急峻な崖に囲まれている形をしている。これは氷河に覆われた時期にその下で活動を始めたことによる[2][1]。崖の高さが噴火当時の氷河の厚さである[2][1]。これを卓上火山[1](Volcanic table mountainやTuya)と呼ぶ。 ヘルズブレイズの山体が地形が形成されたのは更新世で、最後の噴火もその頃であろうとも考えられている。また、数百年前から知られていた山であったが、このような形状のため初登頂は1908年までなされなかった。 近くにはヘルズブレイサルリンディル(Herðubreiðarlindir)と呼ばれるオアシスがあり、ハイキング・コースやキャンプ場が整備されている。古くは、アイスランドの地域社会から追放された犯罪者がそのオアシスに集まって暮らしていた。

西から見たヘルズブレイズ
テーブルの下はおもに枕状溶岩でできている[1]。テーブルの上にはスコリア丘がある[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 群馬大学インターネット火山博物館: 火山の地形と断面 - 群馬大学教育学部 早川由紀夫研究室、2019年月閲覧
  2. ^ a b c 2010年4月 エイヤフィヤトラヨークトル火山の噴火(アイスランド) - 東京大学地震研究所、2019年9月閲覧

関連項目[編集]