ヘリコバクター属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ヘリコバクター属
Helicobacter sp 01.jpg
ヘリコバクター属菌の走査型電子顕微鏡
分類
ドメ
イン
: 真正細菌 Bacteria
: プロテオバクテリア門
Proteobacteria
: εプロテオバクテリア綱
Epsilon Proteobacteria
: カンピロバクター目
Campilobacterales
: ヘリコバクター科
Helicobacteraceae
: ヘリコバクター属
Helicobacter
学名
Helicobacter
Goodwinら 1989
下位分類(種)
  • H.アキノニチス
  • H.ピロリ
  • H.ムステラエ

ヘリコバクター属はヘリコバクター科に属する基準属で、グラム陰性の非芽胞形成嫌気性ないし微好気性らせん菌。通常ペニシリン等の抗生物質に感受性で、鞭毛を有し、運動性がある[1][2]。基準種はヘリコバクター・ピロリ。名称はらせんの桿菌を意味する。GC比は42から48。元々カンピロバクター属に含まれていたが、1989年にGoodwinらが独立属である事を明らかにした[3]。およそ35の菌種がヘリコバクター属に含まれる[4][5][6]

鳥や哺乳類などの消化器官、肝臓などから発見されている[7]。オキシダーゼ陽性、カタラーゼ陽性。ウレアーゼは陽性のものと陰性のものがある。基準種のヘリコバクター・ピロリは尿素を分解して周囲のpHをpH 6 - 7まで上げることで酸性条件下でも生育することができ[8]、最大50%のヒトに感染している[6]

タンパク質の特徴[編集]

比較ゲノム解析により、ヘリコバクター科が持つ独自のタンパク質が11個同定された。この中で7個はヘリコバクター科の全ての種が持つが、残りの4つはWollinellaでしか認められず、ヘリコバクター属の菌には認められない[9]。また、rpoB遺伝子とrpoC遺伝子[注釈 1]の融合が起きているのもこの科に特徴的な現象である[9][10]

属菌[編集]

ヘリコバクター・ピロリ以外にもヘリコバクター属菌がヒトに感染している事が明らかにされている。一部の菌はヒト以外の動物に対して腫瘍原性を示し、またヒトのクローン病などの疾患とも関連性が指摘されているため、医学上、あるいは獣医学上の重要性が認識されている[4]

  • H.valdiviensis
  • H.anseris
  • H.mustelae
  • H.pametensis
  • H.brantae
  • H.cholecystus
  • H.cetorum
  • H.acinonychis
  • H.nemestrinae
  • H.pylori
  • H.heilmannii
  • H.felis
  • H.baculiformis
  • H.bizzozeronii
  • H.cynogastricus
  • H.salmonis
  • H.aurati
  • H.mesocricetorum
  • H.ganmani
  • H.rodentium
  • H.pullorum
  • H.canadensis
  • H.equorum
  • H.mastomyrinus
  • H.macacae
  • H.marmotae
  • H.trogontum
  • H.fennelliae
  • H.cinaedi
  • H.bilis
  • H.canis
  • H.hepaticus
  • H.muridarum
  • H.typhlonius

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ それぞれRNAポリメラーゼのβサブユニットとβ'サブユニット

出典[編集]

  1. ^ Hua JS, Zheng PY, Ho B (1999年). “Species differentiation and identification in the genus of Helicobacter. World Journal of Gastroenterology 5 (1): 7–9. オリジナルの2004年12月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20041224192122/http://www.wjgnet.com/1007-9327/5/7.pdf. 
  2. ^ Rust (2008). “Helicobacter Flagella, Motility and Chemotaxis”. Helicobacter pylori: Molecular Genetics and Cellular Biology (Yamaoka Y, ed.). Caister Academic Press. ISBN 978-1-904455-31-8. [1]. http://www.horizonpress.com/hpl2. 
  3. ^ “Transfer of Campylobacter pylori and Campylobacter mustelae to Helicobacter gen. nov. as Helicobacter pylori comb. nov. and Helicobacter mustelae comb. nov., respectively”. Int. J. Syst. Bacteriol. 39 (4): 397–405. (1989年). doi:10.1099/00207713-39-4-397. 
  4. ^ a b Boyanova, L (editor) (2011). Helicobacter pylori. Caister Academic Press. ISBN 978-1-904455-84-4. 
  5. ^ “Revision of Campylobacter, Helicobacter, and Wolinella taxonomy: emendation of generic descriptions and proposal of Arcobacter gen. nov”. Int. J. Syst. Bacteriol. 41 (1): 88–103. (1991年). doi:10.1099/00207713-41-1-88. PMID 1704793. 
  6. ^ a b Yamaoka Y (editor). (2008). Helicobacter pylori: Molecular Genetics and Cellular Biology. Caister Academic Press. ISBN 1-904455-31-X. [2]. http://www.horizonpress.com/hpl2. 
  7. ^ Ryan KJ, Ray CG (editors) (2004). Sherris Medical Microbiology (4th ed.). McGraw Hill. ISBN 0-8385-8529-9. 
  8. ^ Dunn BE, Cohen H, Blaser MJ (1997年10月1日). “Helicobacter pylori”. Clin Microbiol Rev. 10 (4): 720–741. PMC 172942. PMID 9336670. http://cmr.asm.org/cgi/reprint/10/4/720?. 
  9. ^ a b Gupta R. S. (2006年). “Molecular signatures (unique proteins and conserved indels) that are specific for the epsilon proteobacteria”. BMC Genomics 7: 167. doi:10.1186/1471-2164-7-167. PMC 1557499. PMID 16817973. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1557499/. 
  10. ^ Zakharova N., Paster B. J., Wesley I., Dewhirst F. E., Berg D. E., Severinov K. V. (1999年). “Fused and overlapping rpoB and rpoC genes in Helicobacters, Campylobacters, and related bacteria”. J Bacteriol 181: 3857–3859. 

参考[編集]

  • Brock 『微生物学』 (2003年)
  • 発酵研究所 『IFO 微生物学概論』 (2010年)

外部リンク[編集]