ヘプタフルオロ酪酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘプタフルオロ酪酸
識別情報
略称 HFBA
CAS登録番号 375-22-4
PubChem 9777
特性
化学式 C4HF7O2
モル質量 214.04 g mol−1
外観 無色の液体
密度 1.64 g/ml
沸点

120 °C

への溶解度 high
危険性
主な危険性 強酸
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ヘプタフルオロ酪酸(heptafluorobutyric acid, HFBA)は、化学式がC3F7CO2Hの有機フッ素化合物である。常温では無色の液体で、対応するフッ化ブチリルの電気化学的フッ素化により合成される[1]

用途[編集]

ヘプタフルオロ酪酸は、分析化学有機合成化学などの特定の分野で多様な用途を有する。逆相クロマトグラフィーにおけるイオン対試薬の一つである。生化学分野では、タンパク質およびペプチドシークエンシング、合成試薬、可溶化剤として使われている。

ヘプタフルオロ酪酸から誘導されるエステルはその求電子性の大きさから容易に縮合反応を起こす。

出典[編集]

  1. ^ Günter Siegemund, Werner Schwertfeger, Andrew Feiring, Bruce Smart, Fred Behr, Herward Vogel, Blaine McKusick “Fluorine Compounds, Organic” Ullmann's Encyclopedia of Industrial Chemistry, Wiley-VCH, Weinheim, 2002. doi:10.1002/14356007.a11_349