コンテンツにスキップ

ヘイワーズ・ヒース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヘイワーズ・ヒース

役場
ヘイワーズ・ヒースの位置(ウェスト・サセックス内)
ヘイワーズ・ヒース
ヘイワーズ・ヒース
ウェスト・サセックスにおけるヘイワーズ・ヒースの位置
面積9.75 km2 (3.76 sq mi[1]
人口33,845人 (2011)[2]
人口密度3,471/km2 (8,990/sq mi)
英式座標
TQ335245
ロンドン北34マイル (55 km)
教区
  • ヘイワーズ・ヒース
非都市ディストリクト
シャイア・カウンティ
リージョン
構成国イングランドの旗 イングランド
イギリスの旗 イギリス
郵便地域HAYWARDS HEATH
郵便番号RH16, RH17
市外局番01444
警察サセックス
消防ウェスト・サセックス
救急医療サウス・イースト・コースト
欧州議会サウス・イースト・イングランド
英国議会
  • ミッド・サセックス選挙区
公式サイトHaywards Heath Town Council
場所一覧
イギリス
イングランド
ウェスト・サセックス
北緯51度00分17秒 西経0度05分52秒 / 北緯51.0048度 西経0.0979度 / 51.0048; -0.0979座標: 北緯51度00分17秒 西経0度05分52秒 / 北緯51.0048度 西経0.0979度 / 51.0048; -0.0979

ヘイワーズ・ヒース英語: Haywards Heath)はイングランド南東部ウェスト・サセックス州ミッド・サセックス・ディストリクトにあるタウン。地方行政改革が実施される1974年より前はイースト・サセックス州に属していた。

歴史

[編集]

町にあるマスター・グリーンでは、第一次イングランド内戦中の1642年12月に騎士党円頂党の間で戦闘が繰り広げられた(マスター・グリーンの戦い英語版)。この戦闘は円頂党の圧勝に終わり、騎士党側には死者・負傷者合わせて200名の犠牲が生じた[3]

かつてはクックフィールドに含まれていたが、1894年都市ディストリクト英語版として独立。その後、1934年からは再びクックフィールドに合併され、1974年に再度分割された[4]。また、この際にイースト・サセックスからウェスト・サセックスへ組み込まれた。

1841年ロンドン・アンド・ブライトン鉄道の開業に伴って1月にヘイワーズ・ヒース駅が設置され、9月にブライトン駅までの区間が開通するまでの半年間、終着駅としての役割を果たした。この鉄道に加えて、線路に並走している国道A23号線英語版によりロンドンブライトンの双方にアクセスできることから、ヘイワーズ・ヒースは両都市の通勤圏として発展してきた。なお、1850年の人口はわずか200人ほどであったため、その成長の凄まじさがよくわかる。

宗教施設

[編集]

教育

[編集]

交通機関

[編集]

鉄道

[編集]

脚注

[編集]
  1. ^ 2001 Census: West Sussex – Population by Parish”. West Sussex County Council. 2011年6月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年4月7日閲覧。
  2. ^ Town population 2011”. Neighbourhood Statistics. Office for National Statistics. 2016年10月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月30日閲覧。
  3. ^ Veitch, Robert (2015年8月23日). “THE GREEN THAT TURNED TO RED”. Sussex Living Magazine. 2019年11月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月31日閲覧。
  4. ^ Haywards Heath UD through time | Census tables with data for the Local Government District”. www.visionofbritain.org.uk. 2018年3月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月5日閲覧。

外部リンク

[編集]