プロジェクト‐ノート:漫画家

    Project.svg リスト部分での表の使用に関する議論は「/表の使用」、{{内容過剰}}タグの運用基準に関する議論は「/過剰な内容の整理」をご覧ください。


    Archive過去ログ

    注: 2004年12月10日までの過去ログはこちら(検索の対象となりません)。

    最近完了した議論[編集]

    これ以前に完了した議論は過去ログを参照してください。

    受賞の記述について[編集]

    来歴節にどこまで受賞について記述するものか、ご意見を伺いたいです。

    1. 応募作の受賞(手塚賞など)
    2. 作品ではなく漫画家が何らかの受賞(例・高橋留美子ハーベイ賞殿堂入り)
    3. 規模が大きい賞を漫画作品が受賞(例・よしながふみの『大奥』が日本SF大賞を受賞)
    4. 有名な賞を漫画作品が受賞(例・赤坂アカ横槍メンゴの『【推しの子】』が次にくるマンガ大賞を受賞)
    5. 雑誌で開催されているような賞を漫画作品が受賞(例・山田南平の『恋するMOON DOG』がananマンガ大賞を受賞)
    6. 知名度が高いとは言い難いが無名ではない賞を漫画作品が受賞(例・小賀ちさとの『只野工業高校の日常』がみんなが選ぶ!!電子コミック大賞を受賞)
    7. 有名な賞を漫画作品がノミネート(講談社漫画賞にノミネートなど)

    1と2は必須だと考えますが、漫画家ではなく漫画作品が賞を受賞した場合、漫画家記事にどの程度書くのか、悩んでいます。とある記事(加筆意欲を削ぐ案件に遭遇しているため伏せています)の来歴で「同作は「次にくるマンガ大賞」で○位、「マンガ大賞」でノミネート、「書店員が選んだおすすめコミック」で○位を獲得」と記述して、まだ書いていない賞がある上、これ以上この漫画作品(同作)がいろいろな賞を受賞したら、漫画家記事の来歴が漫画作品の受賞歴で溢れてしまうと考え、手を止めました。漫画作品についての詳細は、作品記事に記述すればいいのではないかと思います。しかしよく考えたら久世岳では漫画作品の受賞をほぼ記述しており、記述しても不自然ではないのではないか、記事について網羅する観点から考えたら記述するべきなのか、とわからなくなってきました。漫画家記事の来歴で「『○○』(漫画作品)が「××賞」で8位(など少し低めの順位)を受賞」と記述するのは些末で不要な気もして(漫画作品記事には重要でしょうが)、ある程度の目安を参考にしたいと考えました。--柏尾菓子会話) 2022年3月20日 (日) 03:25 (UTC)Reply[返信]

    お示しいただいた1~7のような分類で機械的に判断するのではなく、個別に「その人物の功績や作家としての経歴にどれほど関わるか」を検討し、文章としての流れも意識しながら取捨選択するしかないと考えます。1と2も来歴節に必須とまでは言えません(現に「高橋留美子」もハーベイ賞殿堂入りについて来歴節では触れず、別に受賞歴としてまとめています)。一方、「漫画作品が少し低めの順位を受賞」した場合でも、例えばその人物にとって初の受賞歴で、漫画家としての経歴に影響を与えたのであれば来歴節で記述すべきかもしれません。プロジェクト:漫画家#来歴にあるように「年表と併記している場合であれば、流れから逸れるような内容については年表に任せる」、あるいは作品の受賞歴が多いのであれば、おっしゃるようにリンク先の作品記事に任せるのでもよいと思います。そもそもウィキペディアは情報を無差別に収集する場ではありませんし、その人物に関係するあらゆる受賞歴を網羅しなければならないというわけでもないでしょう。--Senue会話) 2022年3月20日 (日) 07:04 (UTC)Reply[返信]
    @Senueさん つまりケースバイケースで、どこまで記事に組み込むかは執筆の腕次第ということですね。勉強になります。頑張ります。どうもありがとうございます。--柏尾菓子会話) 2022年3月20日 (日) 09:24 (UTC)Reply[返信]
    「どこまで記事に組み込むか」と「記事に組み込むとして、それを来歴節に記述するか」は階層の異なる問題ですので区別して考える必要があると思います。どこまで記事に組み込むか(あるいはリンク先の作品記事に任せるか)は「その人物の功績や作家としての経歴にどれほど関わるか」によって個別に判断されるべきで、それを記事のどこに組み込むか(来歴節に記述するか、あるいは年表に任せるか)は執筆の腕次第、ということです。なお、おこがましいようですが、個別の記事について判断や対応にお困りのことがあればお力になりたいと思いますので、会話ページなどで遠慮なくお声がけください。--Senue会話) 2022年3月20日 (日) 12:53 (UTC)Reply[返信]
    コメント
    @柏尾菓子さん、今更ですがコメントさせていただきます。出典にできるようなサイトなどで取り上げられている場合は、それだけ世間的な注目度が高いということとれるので、その漫画家の世間的・業界内の評価を知る手掛かりにもなるかと思われます。私個人としては、それほど受賞関係には関心がなかったので具体的にどういう記述方法が良いかあまり判断はつかないのですが、たとえば久世岳のページを以前から拝見しておりますが、漫画家の記事にその漫画の受賞の話を入れても特に不自然とは思いませんでした。--トマトうどん会話) 2022年4月5日 (火) 10:55 (UTC)Reply[返信]
    @トマトうどんさん ご意見ありがとうございます。勉強になります。--柏尾菓子会話) 2022年4月6日 (水) 00:56 (UTC)Reply[返信]

    漫画賞テンプレートについて[編集]

    私は{{マンガ大賞}}や{{星雲賞コミック部門}}など漫画賞のテンプレートは、漫画作品記事に貼るものであり、漫画家記事には不要という認識でいました。作品名のテンプレートはプロジェクト:漫画家#作品名のテンプレートにあるように、「作者である漫画家の記事には付与しません」とありますが、漫画賞については記述はされていません。しかしその先行議論「プロジェクト‐ノート:漫画家/過去ログ20060523-20090615#漫画家記事への漫画作品テンプレート貼付について」を見ると、漫画賞テンプレートを漫画家記事に貼るのも適切ではないと考えます。この認識でよいのか確認したいため、ご意見よろしくお願いいたします。--柏尾菓子会話) 2022年4月14日 (木) 12:07 (UTC)Reply[返信]

    保留 現在のところ、ナビゲーションテンプレートに関する方針やガイドラインは日本語版に存在しないようです。プロジェクト‐ノート:テンプレート/ナビゲーションテンプレートも有効に機能していないと見えます。一方、参考として英語版のガイドライン(en:WP:BIDI)は「Every article that transcludes a given navbox should normally also be included as a link in the navbox, so that the navigation is bidirectional.」(訳:ナビゲーションが双方向になるように、あるNavboxを参照読み込みするすべての記事は、通常Navbox内にリンクとしても含まれるべきである。)としています。漫画賞のテンプレートはいずれも作者である漫画家記事へのリンクをNavbox内に含んでいますので、漫画家記事に使用してもこの点に関して問題は生じないでしょう。
    問題になるとすれば、ナビゲーションテンプレートの目的は「複数の関連する記事の間のナビゲーションを手助けする」ことですので、ある漫画賞を受賞した作品の作者と、他の受賞作あるいはその作者との間に関連が認められるかどうかという点(作品名のテンプレートに関する先行議論にあった「原作者はあくまで関連項目にすぎません。その原作者の記事にまで貼る必要があるのか」「作者からアニメ主題歌にリンクを貼る必要性ってない」といった意見と同様の観点)です。この点、関連分野として文学賞について考えてみると、例えば{{芥川賞}}であれば「芥川賞作家」のように「○○賞作家」という括り方がしばしば見られることなどから、一定の関連が認められると言ってよいでしょう。現に、文学賞のテンプレートは作者である作家の記事にも使用することが一般化しているようです。一方、漫画の場合はむしろ「○○賞受賞作品」という括り方が多く、同じ漫画賞を受賞したからといって作者である漫画家同士に関連は乏しいように思います(伝統的に作家性が重視されがちな文学と、大衆性が重視されがちな漫画との違いでしょうか)
    とはいえ、このような客観的根拠に乏しい価値判断によってプロジェクトのガイドラインを定めてよいものか自信を持てません。また、{{星雲賞日本短編部門}}や{{星雲賞日本長編部門}}が作者の記事に使用されている一方で{{星雲賞コミック部門}}は作者の記事に使用を認めない、というのもアンバランスに思えます。このため賛否は保留させてください。
    ただし、{{マンガ大賞}}に限っては、現状Navboxのタイトルが「マンガ大賞受賞作品」となっており、これを漫画家記事に使用することには明らかな違和感があります。--Senue会話) 2022年4月16日 (土) 03:13 (UTC)Reply[返信]

    外部リンクとしてマンガペディアにリンクすることの是非[編集]

    情報ノート:冨樫義博#マンガペディア」において議論が行われています。--Senue会話) 2022年6月1日 (水) 12:26 (UTC)Reply[返信]

    作品リストにおけるアンソロジー寄稿作品の扱いについて[編集]

    導入部における血液型の特筆性[編集]

    現在、秀逸な記事の「桂正和」や良質な記事の「久世岳」「よしづきくみち」をはじめ、日本の漫画家記事ではしばしば(出典を示した上で)導入部に血液型が記述されているのを目にします。こうした記述を除去してもよいか、皆さんの意見を伺いたいです。

    血液型をめぐっては、過去に「Template‐ノート:Infobox_漫画家#掲載誌・血液型」の議論の結果、{{Infobox 漫画家}}の項目からは除去されています。個人的には、血液型が漫画家の業績にとって重要で記載するに値するとは思えず、特に導入部においては「Wikipedia:スタイルマニュアル/導入部#要約」にいう「データを羅列したり、記事全体の説明にならないような雑多な内容を記すこと」にもあたるため、たとえ出典が示されていても導入部から除去してよいのではないかと考えています(ただし、積極的に除去して回る必要があるとまでは思いません)。

    なお、血液型については過去に井戸端でも何度か話題に挙がっていますが(Category:井戸端の話題/血液型)、そちらは概ね「積極的に記載すべきだとは言わないが、積極的に除去すべきでもない」(「Wikipedia:井戸端/subj/人物の血液型記載の是非」より引用)という結論のようです。--Senue会話) 2022年7月24日 (日) 06:14 (UTC)Reply[返信]

    • (コメント)血液型を題材とした漫画を執筆している、などならともかく、私も漫画家の活動において血液型は重要でないと考え、除去してもよいと思います。ふた昔くらい以上前、雑誌でデビューするのが当たり前だった時代以前はデビュー時にプロフィールが載っていて、そこによく血液型が書いてあった気がします。そういう部分に記載されていたことをそのまま記事に書いていただけなのでは?と思います。最近では血液型を公式に発表しているイメージがあまりないのですが、積極的に公表していたとしても、漫画家記事には重要でないと考えます。--柏尾菓子会話) 2022年7月24日 (日) 06:43 (UTC)Reply[返信]
      コメントたしかに、作品に何らかの形で血液型が重要な要素として扱われて、作者の血液型もそれにちなんで公開しているなど特殊な場合はともかくとして、基本的に漫画を描く上で特に必要じゃない情報だと思います。「積極的に記載すべきだとは言わないが、積極的に除去すべきでもない」で削除しても問題ない場合、編集のついでに除去する・気になった人が除去するくらいでいいかと思います。--トマトうどん会話) 2022年8月6日 (土) 09:58 (UTC)Reply[返信]

    過去ログ化の報告[編集]

    解決済みの話題や議論が完了した話題が増えてきたため、「プロジェクト‐ノート:漫画家/過去ログ化提案」と同様の方式により、2022年8月6日 (土) 00:09 (UTC)以前に{{解決済み}}が挿入された話題を「プロジェクト‐ノート:漫画家/過去ログ20101026-20220806」として過去ログ化するとともに、同日時以前に議論が完了した話題に分類されていたサブページの呼び出し文を過去ログページに追記しました。お気づきの点があればご指摘ください。--Senue会話) 2022年8月11日 (木) 01:23 (UTC)Reply[返信]