プリュタニス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

プリュタニス(希:Πρύτανις、ラテン文字転記:Prytanis、在位:紀元前860年-紀元前830年)はエウリュポン朝のスパルタ王である。

プルタルコスによれば、詩人のシモニデスはプリュタニスはエウノモスと立法者リュクルゴスの父であるとしているようであるが[1]、その一方でヘロドトスはプリュタニスはエウリュポンの子でポリュデクテスの父であるとしており[2]、またパウサニアスはプリュタニスはエウリュポンの子で、エウノモスの父であるとしている[3]。このようにプリュタニスの親子関係は錯綜している。

プリュタニスの治世の下でスパルタキュヌリアと戦い、またアルゴスとの関係が悪化した[4]

[編集]

  1. ^ プルタルコス, 「リュクルゴス」, 1
  2. ^ ヘロドトス, VIII. 131
  3. ^ パウサニアス, III. 3. 2
  4. ^ ibid, III. 7. 2

参考文献[編集]


先代:
エウリュポン
スパルタ王(エウリュポン朝)
紀元前860年-紀元前830年
次代:
ポリュデクテス