プリズマ (人工衛星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Prisma
所属 SNSBDLRCNES
主製造業者 スウェーデン宇宙公社
周回対象 地球
打上げ日時 2010-06-15
14:42 UTC[1]
打上げ機 ドニエプル
質量 >200 kg (全質量)

プリズマ(Prisma)はスウェーデン宇宙公社による人工衛星プロジェクト。2機の小型衛星、マンゴ(Mango)とタンゴ(Tango)から成り、主な目的はフォーメーション飛行やランデブーなどの技術を試験することである[1][2][1]

2010年6月15日、PICARDと共にロシアのヤースヌイ宇宙基地からドニエプル-1によって打ち上げられた。

2010年8月11日17時51分(UTC)、高度約800kmで2機の分離に成功した[3]。2011年春まで軌道上での試験が行われる予定。

参考文献[編集]

  1. ^ a b c Successful launch of the Swedish Prisma satellites”. Swedish Space Corporation (2010年6月15日). 2010年6月16日閲覧。
  2. ^ Clark, Stephen (2010年6月15日). “French Sun Satellite and Swedish Experiment Blast Off on Russian Rocket”. Space.com. 2010年6月16日閲覧。
  3. ^ “スウェーデンのプリズマ衛星、分離に成功”. sorae.jp. http://www.sorae.jp/030906/4084.html 2010年8月13日閲覧。 

外部リンク[編集]