ブレット・ザ・ウィザード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブレット・ザ・ウィザード
漫画
作者 園田健一
出版社 講談社
掲載誌 月刊アフタヌーン
レーベル アフタヌーンKC
発表号 2010年9月号 - 2013年2月号
巻数 全4巻
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

ブレット・ザ・ウィザード』は、園田健一による漫画。『月刊アフタヌーン』(講談社)において、2010年9月号[1]から2013年2月号まで連載された。全4巻。

話数表記は「Shot ○」(○は丸数字、最終話は「Final Shot」)。

あらすじ[編集]

1960年代のアメリカ合衆国。

「魔法銃」と呼ばれる不思議な力を持つ銃にまつわる物語。

主な登場人物[編集]

ブレット
ティティアリス
ポーラ・ウェンストン
南部産まれのジャーナリスト志望の女性。
ヴァネッサ・ハリス
スザンヌ
マジシャン・ブレットのパートナーにして、求婚相手。
フィッツジェラルド
スチュワート
FBI捜査官。3つのギャング団を壊滅させた「ソーサラー」なる人物を追っている。
チーフ
全ての魔法銃の主。アメリカ先住民族の社会的地位向上のために魔法銃を手渡していた。

書誌情報[編集]

出典[編集]