園田健一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

園田 健一(そのだ けんいち、1962年12月13日 - )は、大阪府高石市出身[1]漫画家、同人作家、イラストレーター、和菓子店店主。愛称は「ソノケン」「園やん」。

略歴[編集]

デザイン専門学校「なんばデザイナー学院」時代、同人作家として高校の漫研仲間と同人サークル「VTOL」を立ち上げ、精力的な同人活動を展開する。その頃、大阪の紀伊國屋書店梅田店でアルバイトをしていたこともある。自身の描く美少女キャラクターやメカニックが話題となり、模型店「ムサシヤ」の雑誌広告内カット、「ゼネラルプロダクツ」大阪店でのアルバイトがてら、グッズやポスターなどの商用イラストを手がけていた。その活躍がアートミック柿沼秀樹の目に留まり、当時の新興模型雑誌モデルグラフィックス』で連載された『ガルフォース』の企画に参加する機会を得る。この作品は園田の描くキャラクターやメカニックが人気となった後、アニメ化が決定する。それと同時に活動拠点を東京へ移して柿沼の薦めに応じてアートミックへ入社し、同社にて『ガルフォース』『バブルガムクライシス』『ウォナビーズ』などOVA作品のキャラクターデザインを手がける。『ライディングビーン』では、原作・監修・キャラクターデザイン・メカニック設定・絵コンテと幅広く手がけた。当時、プロの漫画家が30分以上におよぶ自らの原作アニメ作品の絵コンテを手がけることは珍しく、大友克洋による『AKIRA』や士郎正宗による『ブラックマジック M-66』と並ぶ稀な例である。また、ガイナックスの劇場用アニメ作品『王立宇宙軍 オネアミスの翼』にはゲストデザイナーとして参加しており、画面にほんの少し映る程度のキャラクターたちやメカ、売春宿のエントランス部分のデザインなどを手がけている。

その後、漫画執筆を創作活動のメインに据えるために独立し、現在に至る。

銃器に造詣が深い。

1582年に創業した熊本の老舗和菓子店「老舗園田屋」の19代目店主でもある。同店は加藤清正が朝鮮出兵で保存食にしたとされる朝鮮飴を看板商品としている。115年ぶりの新商品「れもん飴」には自らも開発に関わり、パッケージイラストも手がけている[2]。また、園田が発行する同人誌シリーズの名前は、同店の看板商品名から取られている。

漫画作品[編集]

完結作品[編集]

短編集[編集]

  • 園田健一作品集「PRIVATES LIVE」 (ムービック) ISBN 978-4-9439-6603-6
  • 園田健一コミック・セレクション「PERIOD」 (バンダイ)
  • 園田健一初期作品集「FuseBox」 (白夜書房) ISBN 978-4-8936-7197-4
  • 園田健一初期短編集「しょきタン」 (徳間書店) ISBN 978-4-1995-0100-5

キャラクターデザイン[編集]

アニメ[編集]

ゲーム[編集]

その他[編集]

画集[編集]

  • 園田健一画集I 美女ON(びじょん) - 1990年4月10日初版発行(バンダイISBN 978-4-8918-9481-8
  • 園田健一画集II GALLANT(ぎゃらんと) - 1990年8月30日初版発行(バンダイ) ISBN 978-4-8918-9105-3
  • 園田健一作品集「Garden party(園遊会)」(バンダイ) ISBN 978-4-8918-9280-7
  • 園田健一ARTWORKS 1983〜1997
  • アイドル雀士スーチーパイ 〜メモリアル〜
  • アイドル雀士スーチーパイ 設定資料原画集
  • アイドル雀士スーチーパイ2 設定資料原画集

書籍挿絵[編集]

その他の作品[編集]

  • 1998年航空自衛隊戦技競技会の特別塗装として、第204飛行隊のF-15J戦闘機に、園田がデザインしたワルキューレが描かれた。
  • 『王立宇宙軍』が企画された当時、作品の企画書内に「メカニックデザイン」として単独クレジットされていた。
  • 1987年発売のMSX2用ゲーム『レプリカート』のパッケージイラストは、園田によるものである。

出典[編集]

  1. ^ ブレット・ザ・ウィザード / 園田健一”. アフタヌーン公式サイト - モアイ. 講談社. 2018年9月16日閲覧。
  2. ^ “1582年創業の老舗和菓子店、115年ぶり新商品発売”. 朝日新聞. (2018年9月15日). https://www.asahi.com/articles/ASL9B62WSL9BTLVB01G.html 2018年9月16日閲覧。 

外部リンク[編集]