ブリュッセル1080、コメルス河畔通り23番地、ジャンヌ・ディエルマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ブリュッセル1080、コメルス河畔通り23番地、ジャンヌ・ディエルマン
Jeanne Dielman, 23 quai du Commerce, 1080 Bruxelles
監督 シャンタル・アケルマン
脚本 シャンタル・アケルマン
出演者 デルフィーヌ・セイリグ
撮影 バベット・マンゴルト
編集 パトリシア・カニーノ
製作会社 パラダイス・フィルムズ
ユニテ・トロワ
公開 フランスの旗 1975年5月14日カンヌ
上映時間 201分
製作国  ベルギー
フランスの旗 フランス
言語 フランス語
製作費 $120,000
テンプレートを表示

ブリュッセル1080、コメルス河畔通り23番地、ジャンヌ・ディエルマン』(ブリュッセル1080、コメルスかはんどおり23ばんち、ジャンヌ・ディエルマン、原題: Jeanne Dielman, 23 quai du Commerce, 1080 Bruxelles)は、シャンタル・アケルマン監督・脚本による1975年のベルギーフランス合作のドラマ映画[1]デルフィーヌ・セイリグ演じる女性主人公の3日間の生活が描かれている[2]

あらすじ[編集]

未亡人のジャンヌ・ディエルマン(デルフィーヌ・セイリグ)は、思春期の息子(ヤン・デコルテ)と共に、ブリュッセルのアパートメントで暮らしている。彼女は家事をこなし、隣人の赤ん坊の子守りをして、街へ買い物に出かける。息子が学校へ通っている午後に、彼女は自宅で売春する。しかし、規則正しかった彼女の生活は、少しずつ秩序を失っていく。3日目、彼女はベッド上の男性客を鋏で刺殺するのだった。

キャスト[編集]

製作[編集]

ベルギー政府から120,000ドルの助成金を受けて製作された[3]。スタッフの大半には女性が採用されている[4]。キャメラは低い位置に固定され、正面を向いて均整の取れた構図で撮影されており、クローズアップや切り返し、主観ショットは用いられていない[5]。撮影期間は5週間に及んだ[6]

監督のシャンタル・アケルマンは「私は、この作品をフェミニストの映画だと考えている。女性の毎日の身振りなどは、映像のヒエラルキーにおいて最も低い位置にあり、このような仕方で描かれたことはなかったからだ」と述べた[7]。また、「この作品は、私が子供の頃に見ていた母親の身振りに由来している。そのことが本作を精密なものにしている」と語った[4]

評価[編集]

Rotten Tomatoesでは、17件のレヴューで支持率は100%、平均値は9.1点だった[8]

『Indiewire』のアダム・クックは「身振りが言葉よりも雄弁であるという点において、これは最も純粋なアクション映画である」と述べた[9]。『The Village Voice』のB・ルビー・リッチは「フェミニストの文化理論が求めていた、言いようのない真実を伝えることのできる新しい言語は、本作によって創り出された」と指摘した[10]

脚注[編集]

  1. ^ 第19回 カイエ・デュ・シネマ週間「シャンタル・アケルマン追悼特集」”. OUTSIDE IN TOKYO. 2016年2月6日閲覧。
  2. ^ Eder, Bruce. “Jeanne Dielman, 23 Quai du Commerce, 1080 Bruxelles - Review”. AllMovie. 2016年2月21日閲覧。
  3. ^ Smith, Dinitia (1998年4月26日). “Film; Chantal Akerman And the Point Of Point of View”. The New York Times. 2016年2月21日閲覧。
  4. ^ a b Lim, Dennis (2009年1月18日). “Then as Now, the Terrors of the Routine”. The New York Times. 2016年2月21日閲覧。
  5. ^ Margulies, Ivone (2009年8月18日). “A Matter of Time: Jeanne Dielman, 23, quai du Commerce, 1080 Bruxelles”. Criterion. 2016年2月21日閲覧。
  6. ^ Parkinson, David (2009年4月6日). “Jeanne Dielman, 23 Quai du Commerce, 1080 Bruxelles Review”. Empire. 2016年2月21日閲覧。
  7. ^ Bergstrom, Janet (2015年10月15日). “Keeping a distance: Chantal Akerman’s Jeanne Dielman”. Sight & Sound. British Film Institute. 2016年2月21日閲覧。
  8. ^ Jeanne Dielman, 23 Quai du Commerce, 1080 Bruxelles”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2015年11月19日閲覧。
  9. ^ Cook, Adam (2015年12月18日). “Watch: Chantal Akerman's 'Jeanne Dielman' Is a True Action Movie”. Indiewire. 2016年2月21日閲覧。
  10. ^ King, Danny (2015年10月6日). “Read J. Hoberman's 1983 Cover Story on Chantal Akerman's 'Jeanne Dielman'”. The Village Voice. 2016年2月21日閲覧。

外部リンク[編集]