フワヒン郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯12度34分6秒 東経99度57分30秒 / 北緯12.56833度 東経99.95833度 / 12.56833; 99.95833

フワヒン郡
位置画像
フワヒン郡の位置
情報
タイ語名 อำเภอหัวหิน
プラチュワップキーリーカン県
地理番号 7707
郵便番号 77110
統計
面積 911 km2
人口 73,177 人 (2003年)
人口密度 80.33 人/km2
行政
テンプレートを表示

フワヒン郡タイ中部プラチュワップキーリーカン県最北の郡(アンプー)である。

名称[編集]

旧称、サモーリエン (สมอเรียง) 。フワヒンとは、「岩の頭」という意味である。ホアヒンフアヒンホワヒンなどとも。

歴史[編集]

1834年、干ばつに苦しんでいたペッチャブリー県の住民が南下してきてフワヒンにサモーリエンを作った。これがフワヒンの始まりである。

1921年、カムペーンペットアクラヨーティン親王(ブラチャットチャイヤーコーン親王)がフワヒンに鉄道を通すと、ラーマ7世(プラチャーティポック)はここにクライカンウォン宮殿を建設し、ここに滞在することを好んだ。

また、ナレートウォーラリット親王はここにスッカウェート宮殿 (พระตำหนักสุขเวศน์) と呼ばれる宮殿を建設し、そこに隣接するビーチにフワヒンという名を与えた、これがフワヒンの名の起源である。

1932年、フワヒンはプラーンブリー郡の一部となったが、1949年に正式に郡となった。

地理[編集]

郡は東西に長く伸びており、東にフワヒン・ビーチ西に山岳地帯が広がる。西の山岳地帯にはパーラウー滝などの自然の観光スポットがある。

交通はタイ国鉄や、国道4号線が南北に通っており、北はペッチャブリー方面、南はプラチュワップキーリーカン方面と通じている。郡内にフワヒン駅が設けられている。

経済[編集]

フワヒンの海岸に立ち並ぶホテル

フワヒン郡の主な経済に観光が挙げられる。海岸には海水浴場があり、ホテルなども集中している。

The Railway Hotelは、映画「キリング・フィールド」の撮影に使われた。

ホワヒン駅

観光スポット[編集]

  • ホワヒン駅:1911年にバンコクから当時英国植民地だったマレーシアへと続く鉄道が敷かれ、ホワヒンビーチが欧米人の保養地になるとともに、王室の別荘も多数建てられたため、王室専用の駅待合室が造られ、現在も観光スポットとして人気を集めている。[1]

行政区分[編集]

フワヒン郡は7つの町(タムボン)に分けられる。

  1. タムボン・フワヒン・・・ตำบลหัวหิน
  2. タムボン・ノーンケー・・・ตำบลหนองแก
  3. タムボン・ヒンレックファイ・・・ตำบลหินเหล็กไฟ
  4. タムボン・ノーンプラップ・・・ตำบลหนองพลับ
  5. タムボン・タップターイ・・・ตำบลทับใต้
  6. タムボン・フワイサットヤイ・・・ตำบลห้วยสัตว์ใหญ
  7. タムボン・ブンナコーン・・・ตำบลบึงนคร

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ホアヒン(プラチュアッブキリカン)タイ国政府観光庁

外部リンク[編集]